西洋占星術

西洋占星術 生年月日 ホロスコープ 読み方 当たる 性格 相性 やり方があります。

西洋占星術(せいようせんせいじゅつ)は、アラブ世界や西洋諸国で発達してきた占星術の体系です。

一般的にはホロスコープを用いて占うのが西洋占星術です。占う対象に影響を及ぼすとされる諸天体が、出生時などの年月日と時刻にどの位置にあることからホロスコープで描き出し、それを解釈する形で人々の運勢を占うのが西洋占星術だと言われています。

そもそもホロスコープと言うのは、特定の位置から見た星座や惑星の配置を図にしたものを言います。
初めて聞く方には少し難しいと感じられると思いますが、簡単に説明すると、あなたが生まれた時に、あなたが生まれた位置から見た天体観測図・イコールあなた自身のホロスコープになります。

そのあなた自身のホロスコープに記された、太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星の10天体の位置や角度を観ていきます。そしてあなたの運命、運勢、性質などを読み解いていく占い方法になります。一番馴染みがあり分かりやすいのは、多くの方々が知っているであろう12星座占いです。

この12星座占いも元々はホロスコープから観たものです。例えば、あなたが蠍座だった場合にホロスコープで見てみると、太陽が蠍座の宮に位置しているということになります。

 

西洋占星術 やり方

西洋占星術 ホロスコープの読み方とは?

ホロスコープの作成方法

西洋占星術は、その人が生まれた時の「星の配置」によって運命を占う方法です。その星の配置図ホロスコープを作成して占って行きます。この運命の設計図であるホロスコープを作成するのが西洋占星術では、基本中の基本となり、作成できなければスタートする事ができません。

ホロスコープを作るのに必要なデータを用意しなくてはいけません。正確なホロスコープを作るには…

「生年月日」「出生時間」「出生場所」

の3つが必要になってきます。

ここで多くの方がつまづく箇所があります。それは、出生時間です。これが分からない方が非常に多いのではないでしょうか?もし、出生時間がわからない人は「母子手帳」で調べるとわかります。可能であれば、お母さんに聞いてみてください。

それでもし、出生時間がわからないという方は、大体の時間でも大丈夫です。昼頃、夕方、夜間、この様に大体の時間でも大丈夫です。この大体の時間もわからないという方は、1日のちょうど真ん中に当たる「PM12:00」でホロスコープを作成することになります。

こちらのホロスコープは、1979年11月19日新潟県生まれ出生時刻17時の私のホロスコープです。この様に生年月日と出生時刻、出生都道府県を使ってあなた自身のホロスコープを作成する事ができます。インターネット上には、たくさんの西洋占星術のホロスコープを作成してくれる数々のサイトがありますので、ぜひあなた自身のホロスコープを作成してみてください。

 

西洋占星術 ホロスコープで性格診断をしよう。

一般的に「性格」と呼ばれるようなものが存在します。あなた自身が生まれた時の星の配置から考えてみることができます。ホロスコープを使った星占いでは「性格は12パターンに分けられる」と思われがちです。実際に星座は12種類だからです。しかしホロスコープからは、一人ひとりの人間を作り上げているたくさんの様々な要素を読み取り性格診断をする事ができるのです。人間とは、誰もが自分の内面に矛盾する傾向やとても複雑な心のありかたをしています。自分自身ではどうにもならないような複雑な気持ちなどありませんか?そのような矛盾や複雑さをそのまま西洋占星術ではホロスコープから、星から読む事ができると考えられています。

多くのみなさんがご存知の一般的な12星座占いは、ホロスコープの中の太陽の位置だけを見て占います。ですが、ホロスコープ占星術は、それぞれの流派により違いがあるものの、基本的にホロスコープ上の10天体の位置を見て占います。12星座占いに比べ、詳細な読み解きができます。それによって占いの精度も上がるというわけです。

10天体、それぞれには意味するものと性格が存在します。

「個性を意味する天体」
01. 太陽・基本的性格、行動、決断力、意思、父親など(年齢域/26~35才頃)
02. 月・心理状態、精神活動、感情、想像力、母親など(年齢域/0~7才頃)
03. 水星・知性、思考、コミュニケーション、適応性など(年齢域/8~15才頃)
04. 金星・愛情、快楽、社交性、芸術的才能、金銭、財産など(年齢域/16~25才頃)
05. 火星・情熱、勇気、闘争心、攻撃性、性衝動、性的嗜好など(年齢域/36~45才頃)

「社会との関わりを意味する天体」
06. 木星・拡大発展、贅沢、依存、正義、成功、道徳、名誉など(年齢域/46~55才頃)
07. 土星・試練、制限、忍耐、努力、勤勉、禁欲など(年齢域/56~70才頃)

「長期的な運命の流れを意味する天体」
08. 天王星・独創性、自由、反抗、飛躍、革命、流行など(年齢域/71~85才頃)
09. 海王星・直感力、精神力、神秘、霊感、薬物、自己犠牲、奉仕など(年齢域85才以上)
10. 冥王星・破壊と再生、生と死など(年齢域/100才以上~死後)※通常は休眠状態

年齢域というのは、それぞれの天体が意味するものが、人格形成に大きく影響を与えた年齢のことをいいます。たとえば月を見れば、あなたがどんな子どもだったのか、それにより内面的な性格や感情がどのように形成されていったのか、金星を観れば、あなたの思春期に受けた影響から、恋愛観や金銭感覚を読み解くことができます。

まだ、あまり知られていない占い方法があるのですが…


そんな無料レポート『占いで〇〇判断法』を受け取って下さい!



『占いで〇〇判断法』
お名前  *
 (必須)
メールアドレス  *
 (必須)



ピックアップ記事

PAGE TOP