占いの種類・特徴・一覧

占い 種類 特徴 一覧 あなたにあった当たる占い方法とは?

占いには様々な種類があります。そして、それぞれの占い方法に特徴があり、その人それぞれに合った占い方法があるようです。

占いとは、人の心の内側や運勢、そして未来など、直接観察することの出来ないものについて判断すること、その方法を言います。

また、卜占(ぼくせん)や占卜(せんぼく)とも言う事があります。

 

占い 種類 特徴

実は、占いの種類は3種類に分類されます。

これ、多くの方は知らないのではないでしょうか?たくさんの種類の占いがありますが、基本的な占い方法の根本的な物は3種類に分類されます。

その3種類の占い方法、特徴を説明します。

「命(めい)」

その人の本来持っている性質、そして流れ(傾向)、運命を占うのにとても適している方法です。

生年月日を利用して、しっかりとシステム化された方法で結果を導き出すことから、とても統計学的な要素が強い占い方法です。

世界中に研究者も多いため、解釈の違いによっては、流派が細かく分かれているのが特徴です。

先天的な運命や運気の流れ、人間同士のそれぞれの相性も総合的に占う事は出来ます。

ですが、相手の気持ちや、今現在の状態についてのイエスとノーをはっきりさせるような回答を求める場合は適していません。

<東洋> 四柱推命(動物占い、六星占術)・0学占い・紫微斗数など
<西洋> 西洋占星術、数秘術など

 

「卜(ぼく)」

人間が関係する事柄(事件)を占うのに適しています。

例えば、現在の恋人との関係や今後の状態など、状況により常に変化することがらが高い内容が向いています。

偶然性を利用するために、占いの結果は抽象的となります。

様々な解釈が可能となるでしょう。

この内容を適切に解釈して答えとして導きだすため、インスピレーションを働かせる必要があり、占い師の力量にとても左右される占い方法です。

また、当然ながら占うたびに答えが変わります。

占う方法は偶然性を用いますが、占うタイミングは必然として考える事で、あなたの潜在意識からのメッセージを掴む事が出来ます。

<東洋> 易、おみくじ など
<西洋> タロット、トランプなどのカード占い、水晶占い、ルーン占い など

 

「相(そう)」

目に見える対象の姿や形から人への影響、吉凶をみる占いです。

人々の性格や運勢の今後の傾向などを知るのにとても適している占い方法です。

人の顔や手のしわ、爪の形など、この世にあるあらゆる物の形に、人の本質が現れて来るという考え方を基本にしています。

人の相は過去の現れと考え、またある程度の未来の流れを予測出来るものと考えています。

統計学(命)の要素も強いのですが、結果を導き出す過程が数値化されていません。

そのため、数値的な部分(判断)としては、答えに幅が出てくる占い方法です。

<東洋> 手相・人相・印相・風水 など
<西洋> 夢占い など

 

占いの種類で人気のものは?

世の中にはたくさんの占いがあります。

色々な種類の占いを試してみたくなるのが人間と言うものです。しかし、結局どれが一番当たるのか気になるところですよね?

社会人の方々が一番当たると思う占いのランキングがこちらです。

「一番当たる占いはどれだと思いますか?」

1位 手相占い

2位 血液型占い

3位 西洋占星術(星占い)

4位 四柱推命

5位 六星占術

5位 姓名判断

7位 夢占い

8位 動物占い

8位 タロット

10位 オーラ占い

やはりダントツで手相占いが1位ですね。

意外なのが血液型占いが2位。たったの4種類しか無い血液型で性格等を判断するのはとても難しい気がしますが、当たる占いランキングでは2位になっています。

昔、血液型占いの本も大流行したので、その影響なのかも知れません。

たくさんある占いでどれを使って占ってもらえば良いか悩むことでしょう。

そんな時には、このランキングの中にもランクインしている2種類占い方法がオススメです。

まずは、第1位の手相占い

そもそも手相と言うのは、日々変化をしていきます。1ヵ月後、2ヶ月後の手相が変わっているなんてことは常々あります。

そして、手相と言うものは、人それぞれ違った手相を持っています。と言う事は、あなた自身のあなただけの運命の道しるべが右手と左手に刻まれているのです。

左手は生まれ持った運命の手相、そして右手は現在の運命の手相と言われています。

メインで見る時は、左手をメインで見て占う占い師の方が多いですが、中には右手をメインで手相を見る占い師の方もいらっしゃいます。両手を見て占う占い師の方もいらっしゃいます。

常々変化していく手相で運命を占ってもらうのは、とてもオススメです。

そしてもう1つのオススメの占いが4位にランキングした四柱推命です。

こちらの占い方法は、生年月日を使って占います。

え、生年月日!?大丈夫なの?誕生日占いと何が違うの?と思われる方もたくさんいらっしゃると思います。

実は、生年月日というものは、生まれた時に決まったものです。あなた自身が自由に設定する事が出来ない運命のものなのです。

そうです。四柱推命が当たる理由には、あなたの「生まれた日や時間は変えられない」と言う事に関係があるようです。

名前と言うものは、生きている途中に変えることができます。親から名づけられた名前は変えられますよね?ですが、生まれた時間や日は変える事ができません。名前と言うものは、親が生まれてきた子供に自由に決めることができます。しかし何度も言いますが、生まれる時間や日というのは選べませんし決めることは出来ません。

「いつ、生まれるか」、これこそ運命です。命が運ばれてくると書いて運命です。生年月日というのは、運命のですね。

では、四柱推命ではどの様な占いが出来るのかと言うと、永いスパンでの占いに向いています。1年単位、もしくは人生全体の運気の流れを占うのに適しています。また、本人の特質や気質などを占うのが得意な占い方法です。

また、人間関係の占いにも適しています。相性を占うことも出来ますので、恋愛や結婚、仕事の相性なども占うことにも適しています。

四柱推命は、今週の運勢や運気などと言った短期的な運気を見るのはオススメしません。永い人生の運勢を占うのに適していますので、これからの生き方の道しるべが欲しい時にオススメの占い方法です。

また、無料占いなどで「生年月日を入力してください」とあるものは、四柱推命を使っていると思って良いでしょう。動物占い等も四柱推命の原理が使われていると思っていいです。

 

占いの種類で生年月日を使うもの

四柱推命などの、生年月日を使う占い方法がオススメと先程の占いランキングでも書きました。

決して変えることの出来ない生まれた日にち時間。この生年月日を使って占い占いはまだあります。

1、数秘術

数秘術の基本概念は、まず宇宙のあらゆるものには始まりと終わりがあります。あなたの身近にある物から大きな星まで、形があるものは全て誕生しては壊れ、また別の形になってまた壊れていきます。人間も生まれたらいつかは必ず死にます。私もあなたも死と言う運命が待っています。ものによっては時間の長短はあっても、誕生して作られて壊れるという1つのサイクルを全てのものはたどります。数秘術とは、この誕生と破壊のサイクルの流れに1~9の数字を当てはめて周期性を見る占い方法です

占いとして使われている数秘術は、一番有名なところでは生年月日の数字からその人の性格や行動パターンなどを割り出していく方法が一般的になっています。計算方法はとても簡単で、西暦で生年月日に含まれている数字を足していくだけです

例えば、2015年11月9日であれば、

2+0+1+5+1+1+9=19

次に、十の位と一の位の数字を足します。

1+9=10

また二桁になりました。二桁になった場合は、足した数字が一桁になるまで繰り返します。

1+0=1

なので、2015年11月9日に生まれた人の数字は1ということになります。

関連記事

  1. 占いの種類は4タイプ!命・相・朴・霊の4種類。
  2. 恋愛占い 片思い 相性 タロット 生年月日 名前 当たる?

ピックアップ記事

PAGE TOP