ルーン占い

ルーン占い 石 仕事 やり方 意味 とは?

ルーン占いとは、「ルーン」と呼ばれる文字を使った占いの事です。

ルーン文字は、1世紀頃からゲルマン人によって、ライティングとして実際に用いられていた文字であると伝えられています。

今日のルーン占いでは、24のルーン文字を用いるのが一般的になっています。また、ひとつひとつのルーン文字の形を、それぞれ24本の小枝、あるいは24個の石(セラミックやプラスチック製のものも多い)に刻んだものなどが、道具として使われています。

占い方は、大きく分けてふたつに分かれます。

1つは「キャスト」する方法。つまり、小枝を放り投げて、その偶然に落ちた場所との関係で占い結果を導き出します。

もうひとつは、「スプレッド」する方法。ルーンバッグ(ルーンを刻んだ石を入れておく袋)の中から適当に石を選び、ルーンを一定の配置に並べて占い結果を導き出します。このスプレッドする方法の場合、タロットのようにルーン文字を描いたカードを使うこともあります。

より詳しくは以下、順に説明していきます。

ルーン占い 仕事

ルーン占い 石

ルーン占い やり方

ルーン 占い 意味

ルーン占い 講座

運命の世界ルーン占い



メールアドレスを登録して


無料レポート『占いで人間関係のお悩み解決相性判断法』を受け取る!



占いで人間関係のお悩み解決相性判断法
お名前  *
 (必須)
メールアドレス  *
 (必須)



ピックアップ記事

PAGE TOP