四柱推命

四柱推命 当たる 相性 見方 生年月日 命式 正確 全てが分かる!?

占いもたくさんの種類があります。

あれやこれや本当にたくさんの種類があります。あなたの人生を占う意味でも、そのたくさんの占いの中からあなたにあった占いがきっとあるはずです。

その中でも歴史がある占い方法があります。中国で生まれた占い、西暦1100年頃に誕生した占いがあります。

四柱推命です。

 

四柱推命 調べ方

四柱推命は、生年月日(+生時)からその人物と運命を読み解いていく占いです。

西洋では12星座占い、東洋では四柱推命や算命学など世界中にさまざまな占いがありますが、たいてい生年月日をもとに占うものが多いのは、誕生した日、生年月日と運命は大きく関係しているという事を、昔から人々は潜在意識で感じていた、もしくは知っていたのかもしれません。

四柱推命占いに必要なものは、占う人の生年月日の情報だけです。

恋愛・結婚などの相手がいる場合は相手の生年月日も必要です。また、生まれた時間がわかるとさらに精度が上がります。

しかし、生まれた時間を把握している人は、あまりいないのではないのでしょうか。

 

四柱推命を使った相性の見方

四柱推命には、10パターンの人それぞれの性格があります。

1.比肩(ひけん) 独立心や闘争心が旺盛でプライドが高い性格。かなり頑固で自分の考えを曲げることを嫌います。

2.劫財(ごうざい) 見た目はやわらかい印象なのに、根っこの部分は相当の野心家です。自分のことしか考えていないところがあり、周囲を困らせる性格をしています。

3.食神(しょくじん) 衣食住に恵まれた一生を送ります。無邪気でかわいらしい性格です。おっとりしていて闘争心がまったくと言っていいほどほとんどありません。

4.傷官(しょうかん) 神経がデリケートすぎるため、まわりに反抗的な態度を見せたり、逆に自分自身が傷つきやすかったりします。見た目にも美形の人が多いです。

5.偏財(へんざい) 好奇心旺盛で、商売に向く明るい性格です。どこかしら華があり、人によく好かれます。ただし飽きっぽいという弱点もあります。

6.正財(せいざい) 地味でまじめな良妻賢母的な星です。手堅く稼いで着実に財をなす人です。ただし融通が利かない、おもしろ味に欠けるなどの無粋な面もあります。

7.偏官(へんかん) 義理人情のために生きているような人です。男性も女性も一本気で、困った人を見捨てられない親分肌の性格です。

8.正官(せいかん) 折り目正しい生活を好む人です。組織の中ではしっかりと勤めを果たすためよく出世します。人柄や行動に品の良さを感じさせます。

9.偏印(へんいん) 好奇心旺盛で変化のある生活を好みます。大衆を相手にする仕事やマスコミ業に向きます。束縛が嫌いなので勤め人よりは自由業、自営業向き。

10.印綬(いんじゅ) 古いものや伝統的なもの、学問を好みます。頭脳明晰な人が多く、資格試験などにも縁があります。

 

四柱推命 五行 相性

四柱推命には五行と言うものが存在しています。まず、この五行と言うものを知るところから始めましょう。五行とは、これは木・火・土・金・水の5つの自然属性からなり、自分がどこの属性かを知る占いです。生年月日から占うことができます。

「相性の良い五行」

金 → 水
水 → 木
木 → 火
火 → 土
土 → 金

「悪い相性の五行」

金 → 木
木 → 土
土 → 水
水 → 火
火 → 金

良い相性では、水は気を潤し、期は火をさらに燃やしという感じでお互いの性格・相性がとても良いですね。ですので、自分と相手の属性を知って恋愛に生かすことができます。相性の良さを恋愛や仕事で生かす事が出来れば良いでしょう。

逆に相性の悪い五行は、水は火を鎮火させ、火は金を悪くしてしまうという感じです。自分の五行を調べ、自分の五行に対して矢印の方向五行を持っている人と付き合うと損をすることが多いマイナスな関係になるでしょう。恋愛でも仕事面でも、悪い相性の五行の人とは、あまり付き合わないほうがいいかもしれません。

 

四柱 推命 結婚 運 の 見方

四柱推命での結婚運の見方があります。
昨今では、女性の社会進出が進んだ現代社会。仕事と家庭を両立する女性が増え、バランスが崩れてしまった結果、離婚に至ってしまう夫婦が多くいるのが現在の状況です。
結婚後に恋愛感情を優先し過ぎることなく、あらかじめ自分の結婚運を十分認識した上で許容し合って長く付き合ってくれる伴侶を選ぶようしましょう。そうすれば、お互いの結婚運も向上し楽しい結婚生活を送ることができるでしょう。
四柱推命で結婚運を調べる事は出来ます。出来ますが、あなたの結婚運に関する正確な結果を得るためには実は「出生時刻」が必要です。

結婚運、または配偶者運は、日支の蔵干(通変)が日主に対して、良好に働く場合であれば結婚運は良いと判断します。逆に不良な場合、結婚運はよろしくないと判断します。

日主が強い場合、官殺・財・食傷が日支にあると、基本的に結婚運は良いです。逆に日支が印・比劫なら、結婚運はよろしくないです。
日主が弱い場合、印・比劫が日支にあると、基本的に結婚運は良いです。逆に日支が官殺・財・食傷なら、結婚運はよろしくないです。
しかし、大運によって日支の作用は変化するので、一概に良いとか悪いとか言えないです。あくまでも、「基本的」にです。

 

四柱 推命 星 の 見方

占いにあなたは、どのようなイメージをお持ちですか?

朝のニュース番組のテレビでやっている星占いを気にする方や、雑誌の上半期下半期の特集を見る方。好きな人の星座をチェックするなど、一般的にはその日やその時の運勢や相性を確認するイメージなのではないでしょうか?

例えば、「占いで自分自身を知って、これからの人生を良くしていこう!」

などと聞いてしまったら、「占いに頼りすぎていて危ない人!」と思われますか?実際に思ってしまう方もいるでしょう。あなたの周りでもいると思います。

この世の中には、占いにもたくさんの種類があります。特に生年月日から導き出す占いでは、あなたの宿命や性格が分かります。占いと言うのは、上手に使えば自分自信を知るヒント、鍵になります。

自己分析してみても、自分の事はよく分からないんだ…

そんなあなたの今後の道しるべとなるであろうヒント、アドバイスを調べる事が出来るのが四柱推命です。

まずは、自分の星を調べてみてください。

四柱推命を知っていると生きるのが少し楽になります。

多くの方が感じていると思いますが、周りの人々、あなたの職場やプライベートの友人達みんながこのように言っているからそうしなければならない。その様な世間からのプレッシャーと自分の気持ちで板挟みになっている人はたくさんいると思います。

その様に悩んでいる時は、ぜひとも四柱推命であなた自身の星を調べてみてください。

本当に嫌だなと言うほど世の中にはたくさんの「普通はこうだよ」という常識があります。実は、元々その様な星を持っていない人がそのルールに合わせる事は物凄くたいへん辛い事なんです。

例えば、あなた自分自身がこの星を持っていなかったと分かれば、余計な事で悩まむ事もありません。そうですよね?あなた自身が持っている星を活かして、これからの今後の人生の自分に合った方法で仕事をする方法、プライベートを最高に楽しく生きていける方法を四柱推命で見つけられるはずです。

そのためにまずは「命式」と言いあなたの自信の生年月日、出生時間により運勢を導き出します。まずは、自分の才能や性格などがわかる、先程説明した通変星の性質をしっかりと理解してください。

星の位置や同じ星が2つ以上ある場合などによって読み方が変わりますし、他の要素も見ながら読み解いていくものなのです。

自分自身の星、通変星(つうへんせい)をしっかりと知る事から四柱推命は、全て始まります。

 



メールアドレスを登録して


無料レポート『占いで人間関係のお悩み解決相性判断法』を受け取る!



占いで人間関係のお悩み解決相性判断法
お名前  *
 (必須)
メールアドレス  *
 (必須)



ピックアップ記事

PAGE TOP