ジプシー占い

ジプシー占いとは?歴史 カード yes no?

ジプシー占いとは、タロットカードの起源とされている占い方法です。その昔、インドからヨーロッパへ放浪の旅をしていたジプシーの中で発祥した占いの一種であるとされています。今現在では、絵の描いたカードを使用して占っていますが、元々はジプシーたちが枝や木の葉を使っていたと言われている占い方法です。

ジプシー占いがヨーロッパに広まったのは、かのナポレオンの妻であるジョセフィーヌと親交の深かったルノルマン婦人によるものだと言われています。ルノルマン婦人は、ナポレオンがドイツ・オーストリア・ロシアを支配する数年前に「王の中の王になる」と予言し、ナポレオンが戦いのたびに助言をしていたと言われています。その時代から使われてきている占い方法が、ジプシー占いになります。

そもそもジプシーは、ヨーロッパで生活をしている移動型民族のことです。西暦1100年に登場したという記録から始まり、1427年にはパリに現れて自らをエジプト出身であると名乗りだしました。当時の人々は彼らを「エジプシャン(エジプトからやって来た人)」と呼んだそうです。それから次第にその発音が変化していき、現在のように「ジプシー」と呼ばれるようになったそうです。現在では、様々な場所を渡り歩く人間を比喩する言葉としても「ジプシー」が使われています。

 

ジプシー 占いの歴史とは?

ジプシー占いがヨーロッパに普及するきっかけを作った人物として、先程もお伝えしたルノルマン婦人がとても有名です。ルノルマン婦人は、ナポレオンの妻であるジョセフィーヌ婦人と仲が良く、ナポレオンがいずれ各地を支配して「王の中の王になる」ことをジプシー占いによって予測していたと言われています。ルノルマン婦人は、ナポレオン皇帝夫妻以外にも、数多くの時の権力者たちを顧客に持っていたと言われています。その占いの知識で、絶対的な信頼を集めていたそうです。

ルノルマン婦人の残した自叙伝によりますと、元々は下着屋の売り子であった彼女は数人の先生から占いを学んだそうです。そして次第にその才能を開花させたそうです。ですが、1791年に法律によって占いが禁止されてしまいました。そして1794年に逮捕されるという苦い経験を味わってしまいます。それでも彼女は辛抱強く占いを続けました。1800年以降は大物政治家を始めとした権力者を顧客にし、彼女の店の前には行列が出来るほど評判になっていたそうです。ナポレオンの生涯を予言して的中させたと言われているルノルマン婦人ですが、「自分は108歳まで生きる!」という自分自身の予言は的中させることが出来ませんでした。1843年に、71歳の生涯を閉じました。

ジプシー 占い イエスノー??

タロット&ジプシー占い

まだ、あまり知られていない占い方法があるのですが…


そんな無料レポート『占いで〇〇判断法』を受け取って下さい!



『占いで〇〇判断法』
お名前  *
 (必須)
メールアドレス  *
 (必須)



ピックアップ記事

PAGE TOP