0学

0学占い とは?性格 運命相性 支配星 調べ方 結婚時期

0学(ゼロがく)占いとは、その考案者である御射山宇彦(みさやま うひこ)によって学問として位置づけられています。その活用法の一つとして「0学占い」、「0学占術」、「0学占星術」と言われている占い方法として広く認知されています。

0学は1940年(昭和15年)に御射山宇彦(みさやま うひこ)によって誕生しました。形而上学形而下学を統合する学問として研究され、占いとして「0学占星術」を誕生させました。おもに、生年月日によって12の支配星(しはいせい)に分けて運命を占う方法ですが、0星(ゼロスター)と言われる六王星を基本として占います。0学は易、四柱推命、気学、西洋占星術など、様々な占術をもとにして作られた「運命学の集大成」と言われています。

0学は、歴史を大きく左右してきた様々な占術の集大成として誕生したと言われています。人や社会そして自然界の「運命」をテーマに、すべてを統合する学問として研究されています。 人間とは思います。常に思っていることでしょう。人としてどのように運命を歩んでいけば良いのか。どのように自然や社会に対応してゆけば良いのか。その思いを指し示す「運命分析学」という新しい学術と言われているのです。

 

0 学 占い バイオリズム

人間の運命におけるバイオリズムを調べる事が出来るのが0学の特長とも言えます。今日だったり1週間や1ヶ月。そして1年のバイオリズムを占う事が出来ます。そもそもバイオリズムとは何なのか。それは、人間や生物の活動にみられるある一定の周期的な変動の事を言います。例えるとするならば、1日の睡眠と覚醒を単位として表現するなどです。また、人間の感情、知性なども一定のバイオリズムが存在しています。そのバイオリズムを0学占いであなた自身理解をし、今後の運命に活用していく事が出来ます。

0学占いでは、それぞれの支配星があります。六王星を基本とした支配星それぞれに運命のバイオリズムがあります。例えば、2018年の冥王星の運命バイオリズムですと…

「上昇運がある2018年。自分自身がステップアップ出来る1年です。とても慎重でゆっくりと動き始める方が多い冥王星ですが、2018年はひとまず慎重さは置いておいて、どの様なことにもチャレンジしてみましょう。」などなど…。

または、「疎遠だったり遠ざけていた自分が好きではないと思っていた分野に、あえて勇気を持って踏み込んでみるのも自分自身の枠組みを広げる有効な手段になるでしょう。選択肢が多ければ多いほど自分自身も成長し、今後の実り豊かな人生を送れることでしょう。自分の可能性を自分で限定していませんか?そんな事はしないで、2018年は何事もチャレンジしていきましょう。自分自身に出来ることは、何でもやってみることをオススメします。」などなど…。

さらにまた、「チャレンジする事、それは人との付き合いにおいても言えることでしょう。色々と考えすぎて出遅れてしまったり、様々なことを見極めようと時間をかけすぎていませんか?時間をかければかけるほど、目の前に現れてたを運を逃してしまうことになってしまいます。まずは、深く考えないようにしましょう。軽い気持ちで、学校に通っていた頃の友達を増やすつもりで色々な人達に声をかけ付き合ってみてください。その中には、必ずあなたの今後の人生でプラスになる人物がいるはずです。」

とこの様に、0学占いではあなた自身の運命のバイオリズムを調べる事が出来ます。「0学占い バイオリズム」でインターネット検索をすれば、たくさんのあなた自身の0学占いでのバイオリズムを調べるサイトがありますので活用してみてください。

 

0学占い 六王星と支配星

それぞれの人間の運命は、0星(ゼロスター)に支配されていると言われています。0星には 水王星(すいおうせい)、木王星(もくおうせい)、月王星(げつおうせい)、火王星(かおうせい)、金王星(きんおうせい)、土王星(どおうせい)の6つがあります。それらを全てあらわした言葉が六王星(ろくおうせい)と言われています。六王星は ホット星(水王星、月王星、金王星)と、クール星(木王星、火王星、土王星)の2つに分けられます。そして、そこからさらに細かく六王星を陰陽(奇数年生まれと偶数年生まれ)光と影に分割した支配星に分けられます。支配星は、12に分類されます。

0星 支配星[陽] 支配星[陰]
 水王星  水 星  氷王星
 木王星  木 星  海王星
 月王星  月 星(げっせい)  魚王星(ぎょおうせい)
 火王星  火 星  冥王星
 金王星  金 星  小王星(しょうおうせい)
 土王星  土 星  天王星

「王」のつかないのが陽(光)の星座です。能動的・自主的であると言われています。「王」のつくのが陰(影)の星座です。受動的・依存的であると言われています。

まだ、あまり知られていない占い方法があるのですが…


そんな無料レポート『占いで〇〇判断法』を受け取って下さい!



『占いで〇〇判断法』
お名前  *
 (必須)
メールアドレス  *
 (必須)



ピックアップ記事

PAGE TOP