姓名判断

【スピリチュアルな姓名判断!】姓名判断の真実とは?

名前で運勢が大きく変わってしまう。その様なことから、姓名判断を気にしている人は非常に多いです。特に、子供の名付けの際には姓名判断に過敏になることでしょう。本当に姓名判断に真実味はあるのでしょうか?どのように人生に活かせば良いのでしょうか?

姓名判断とは、人の苗字・名前によってその人の性格・適職・相性・などを鑑定する、占いの一つです。結婚後、名字が変わってしまったりし名前が変わってしまったりすると、大きく運勢が変わってしまうと言われています。本当なのでしょうか?

ここでは、スピリチュアルな観点から姓名判断を見て行きます。ぜひ、読んでみてください。

姓名判断の画数は大事なのか?

姓名判断で一番重要だとされている画数。特に結婚をして名字が変わってしまうと大きく画数が変わってしまい、運勢も変わってしまいますよね?

実は、私自身も結婚して婿養子になったので名字が変わりました。変わる前と変わった後の画数が物凄く変わり、変わる前よりも婿になり名字が変わってしまったほうが姓名判断的に運勢が物凄く悪くなってしまいました。

ただ、その姓名判断によって大きく人生、運命に影響が出たかと言えばどうでしょう?人生ですから、大変だった時もあり楽しい時もあり、結婚して名前が変わってからもそれほど大きく変わった感じはしませんでした。しませんでしたが、仕事に家庭に結婚前に比べると大変になったのは確かです。

日本の某有名なスピリチュアルの方が仰るには、基本的に名前の画数は気にしなくて良いそうです。その様に言われると、一体姓名判断とは何なんだ!と言う事になってしまいますが、その大きな理由として犯罪を犯すような悪人などが、名前を変えたからと言って決して善人にはならないという事です。

確かに世間をにぎわすような犯罪を犯した人間が、名前が悪いからと言って姓名判断で占い善人になるような名前に変更したからと言って、心を入れ替えて善人になるようなことはないと思います。

全ては、名前ではないと某有名なスピリチュアルの方は仰っていて、全ては人格だそうです。

意味が無い!?名前を変えてもいいのか?

あまり名前を変更しても意味が無いのならば、姓名判断など一体何の意味があるの?そのように思う方もたくさんいることでしょう。

ただし名前を変えることにもある程度の効果はあるそうです。姓名判断で診断したところ、あまり画数が良くなく画数の良い名前に変更をし、心機一転頑張って行きたいと思うのは人間の心理です。

実は、名前を変えるのは部屋の模様替えと一緒で、人生の切り替えには使えるそうです。例えば、戸籍上から変えるのは大変です。私の様に婿養子に行ったり、結婚したりしないかぎりは名前を変えることはほとんど無いでしょう。しかし、仕事柄ペンネームとして画数の良い名前を使ったりするのはとてもいいでしょう。簡単ですし。また、自分自身の切り替えにもなりますし、エネルギーも変わるので気にするなら変えた方が良いそうです。

ネガティブなものは、変更してしまう。これが姓名判断の占いの最大のメリットかもしれません。姓名判断の占いの方いわく、髪型を変えるような軽い気持ちで変えて良いそうです。名前を変更するポイントは、気にするかしないかだそうです。

しかし、出来れば「姓」は変えないで下の名前だけを変えたほうが良いそうです。

実は、名前には霊力が込められている!?

実は、名前には霊力が込められていると言われています。おいおい、本当かよ!?と多くの方は思いますよね?私も正直半信半疑でした。この様なことをいきなり言われてビックリする方がほとんどだと思います。

姓名判断とは、昔からある占いの手法です。その人の名づけらた名前の画数を判断して、その人の持つ運勢を鑑定する占いです。名前が、運勢に影響を与えているという前提があればこそ、この占いの手法は成立するわけです。ですが、先程も書きましたが、名前を変更する事にそれほど大きな効力は実際には無いそうです。

しかし、悪い気分を変えたい。部屋の模様替えや髪型を変えて気分転換するように名前を変更する、ペンネームや仕事時の名前を変更したりするのはとても良いのです。

悪い気分を吹き飛ばす。悪い気を吹き飛ばす。「気=霊力」と言う事は、名前には気、霊力と言うものが少しは宿っているのでしょう。名前の霊力によって少しだけ運勢の流れに影響がもたらされているということが言えるかもしれません。悪い画数ならば、良い画数にして悪い気=霊力を変えるということです。

当然、名前だけで全ての運勢が決まるわけではありませんが、少なくともなんらかの影響はあるかもしれません。

音の響きによる姓名判断!それは、時代によって変化する。

画数だけではなく、言葉の音の響きによる姓名判断もあるそうです。この音の響きによる姓名判断も少なからずの影響力を持っているそうです。これは、日本人が古来から積み重ねてきた印象によるものだそうです。そのことから時代によって変化していく可能性のあるものだと言われています。

本当は、姓名判断よりチャネリングで魂の名を知るべき?

姓名判断よりも本当はチャネリングで魂の名前を知るべきだという昔からの習慣が実はあります。例えば子供の名付けの時、はるか昔の方々は、近所の宗教神職者や霊能者にお願いをして名前を授かる習慣があったそうです。この名前の付け方と言うのは、霊能者が考えているのではないそうです。霊能者が赤ちゃんの魂に名前を尋ねているそうです。

子供の魂と言うのは皆、自分自身の人生計画を生きやすい名前を選んで用意しています。そのため、数十年ほど前までは、名前の響きからある程度の性格の傾向を掴むことができたそうです。最近では、霊能者に名付けを依頼する親は少なくなっています。と言うよりほとんどの方は、宗教神職者や霊能者の方に名前を依頼することも無いでしょう。

現在では、親の好みを名前に押し付けているケースが多く、子供の名前と性格の傾向性と言うのは、非常に薄くなっているのが現状です。しかし、妊娠している女性の方は、霊感が高まっているそうで、無意識的に赤ちゃんの魂のリクエストを捉えている母親も少なからずいるそうです。

例えば流行の「キラキラネーム」を付けたがる親にはほとんどいませんが、「くみ」や「ゆき」など昭和の時代からあるような名前を子供に付けている場合、魂の望んでいる名づけが上手くいっている可能性は高いそうです。

画数ではなく、魂を感じて名前を付けるというのは、実際にはかなり難しいでしょう。

名前によって性格や気質は決まらない!

実は、名前によって基本的な性格や適性は、決まるわけではないそうです。先程も書きましたが、悪人が名前を変えて善人になることが無いと言うことと大きく関係しているという事でしょう。

例えば魂の話で言うと、妊娠が確定した前後でどのような魂がその赤ちゃんに宿るかは決まっているそうです。それは親が考えている名前に左右されるのではなく、親の性格や好み、職業、生き様に影響されるそうです。

そうは言っても、名付けにこだわることが無意味なわけではありません。先程書いたように、言葉にはそれぞれイメージする物事があります。赤ちゃんの魂が希望している名前を付けてあげると、その子が自分の計画してきた人生を生きやすくなるそうです。しかし、捉えるのはとても難しいですね。

恋愛を大きな目標と考えている魂は、「あい」という言葉のつく名前を望むことが多いそうです。「あい」は「愛」を連想します。そして「愛」は恋愛をイメージするので、「あい」の付く名を授けられた子供は、自然と恋愛への関心が高まると言います。

ちなみに、キラキラネームと言われるような名前の多くは、快楽主義でわがままな子に育ちやすくなるので注意が必要だそうです。風俗の源氏名をイメージするような名前は特に要注意したほうがいいそうです。

関連記事

  1. 姓名判断で相性、性格、当たるのです!

ピックアップ記事

PAGE TOP