宿曜占星術

宿曜占星術の27宿「井宿」の人生、性格とは?

宿曜占星術と言うインドで誕生した占いがあります。インドから中国へ渡り、そして日本へやってきた古来の占い方法です。

そんな宿曜占星術には、27通りの生年月日による占い方法があります。

その1つが「井宿(せいすく)」です。

27宿の中でも生涯平穏な人生を送れる宿だと言われています。

さて、そんな参宿とはどの様な人生を歩んでいき、どの様な性格をしている宿なのか、開運方法なども書いてみましたので見ていきましょう。

井宿の歩んでいく人生、運勢とは?

宿曜占星術の27宿の1つである井宿の歩んでいく人生とは?

井宿は十二宮の中の夫妻宮と蟹宮に入ります。人体では「両頬と耳」に当たります。良い家の生まれですが、10代から20代にかけて運勢はちょっとした波乱があります。30代からは一生涯平穏無事な人生を送ることができます。この宿星は、妻運は非常に良いのですが、子供の縁は薄いのが特徴です。人生の晩年には、財産を得て豊かに暮らすことができるでしょう。

井宿の最大特徴としては、たとえどんな災難を被っていても、いつの間にかこれを逃れてしまうところです。そして良好な状態に収まってしまうと言う特徴を持っています。気がついてみると、様々な事柄は自分にとって以前より、良く作りかえられてしまうと言う幸運の持ち主が井宿です。これを、宿徳星といいます。

男性も女性も、どちらも端正で温厚なインテリのタイプで、話し方は優しくて静かな人です。服装、持ち物は大変に凝っている特徴があります。そうでなければ、自分独特のスタイルを演出するのがとても好きな人です。子供の時は非常に真面目な子供です。とても気持ちが良いので、いわゆるきかん坊です。テストができなかったりすれば、口惜しくて泣きながらでも勉強してしまうようなところがあります。でも、体質的に弱いのですぐに熱を出したり、病気にかかったりで親の心配は絶えないのが特徴です。

大きくなるにつれて丈夫にはなりますが、子供の時に大自然に触れて野山を駆け巡るような生活ができれば、この宿星にとって理想的な環境と言えるでしょう。

青年時代もまた、病気などで一時期は悩まされてしまうような時があります。しかし、なんとか切り抜けていくでしょう。井宿とは、頭脳明晰な理想家です。宿曜占星術の中の27宿の中で1番の理想家でしょう。この宿星を負かすには、腕力しかありません。一見、人との付き合いにも鷹揚で、話す言葉も優しいのです。職場や友人の間では、なかなか評判が良いのもこの宿星の特徴です。理路整然としていて、情報の収集が巧みです。また、その情報を緻密に整理してデータを効果的に使えるのも、この宿星ならではの素晴らしい技術です。しかし、自分の評価で情報の意味を判断する傾向がありますので、時には大道からそれて考えることがあります。

とにかく、このような素質を生かした職業につく人がほとんどなのではないでしょうか。職業を間違いなければ、社会的にもとても高く評価を得ることができ安泰に過ごせることができるでしょう。

人生の中年期になりますと、やや健康になります。紆余曲折があるにしても、結局は運の良い人ですから、家庭では親も配偶者もこの宿星を助けてくれます。

親の商売は次ぎませんが、とても親孝行です。親の面倒を見るのが得意な宿星です。お年寄り、子供、弱い者、自分よりできないものに対して非常に優しくなるのですか、自分より威圧的なものに対しては、異常なほど反抗心とライバル心をむき出しにし、燃え立たせると言う特徴があります。概して、口うるさいのを家族が我慢すれば、この人の家庭はとても安泰で、自分で家庭を破壊するようなことはまずありません。健康保持に特に留意する人は、長生きできることでしょう。

井宿の結婚

男性、女性とも理想が高くて相手を見つけるのはなかなか難しいのですが、早く結婚する場合は、いちど離婚の憂き目に会うことが多いでしょう。しかし、2度目は良い配偶者に恵まれます。男性は家を大切にします。良い夫となるでしょう。働き者の配偶者を得ることができます。亭主関白なので優しく面倒を見てくれる女性が良いでしょう。家に帰った時、迎えに飛び出してくるような女性ならば大満足です。欠点は、口うるさく妻や親戚を論評します。女性は、家の中の整理整頓はとても良く、几帳面なのですが、一方で浪費家の面もあります。また主人の仕事や上司、部下についてあれこれと論じるのがとても好きです。

井宿に向いている職業

職業としては、営業や小売業、警察官等には向きません。この宿星は、自分の好みを生かす職業が良いでしょう。文筆業、ジャーナリスト、評論家、宗教家、教師、インテリアデザイナー、花鳥を扱う仕事など人当たりが良いのでホワイトカラーもできます。事業を起こすと騙されやすくて失敗しがちです。

井宿の性格とは?

井宿の人の精神構造は、一言で言うと非常に複雑なのです。人はこの宿を表して論争好きで、自尊心が高くて見えっ張りだといます。確かに理論を吹きかけられたら、この人に勝つのは至難の業でしょう。実は相手の方はその点を見破り、ほどほどで議論を中止してしまうのです。たとえ真実は白でも、いつの間にか黒の方が真実であったと相手に思わせる事は朝飯前です。

この宿星は、感情的に嫌いなものでも、理論的に構成しないと自分を納得させることができないのです。また、もし自分自身が納得するほど避難すれば、相手は嫌気が起こり、交渉を持つことをやめてしまうでしょう。議論に勝って現実の敗者となる恐れがあります。

自分より強いものには圧迫感があります。それが嫌で、猛然と反論するのです。自分より弱いものに対しては同情心があり、すぐにでも助ける側に回ってしまうのです。知っていてわざと負けてあげたりもします。

一見、理性的なこの宿星は、とてもデリケートです。内向的で、心の中で考えていることの方が多いのです。むしろ、非常に感覚的な人間でありましょう。理論と言う「衣」まで飾り付けをするので、周囲の人には全くわかりにくい人物に見えてしまうのがたまに傷かもしれません。だから、井宿を冷徹な人間と見るのは間違いであって、むしろ、感情の起伏が激しい人、寂しがり屋の人、と言うふうに見たいのです。

気持ちを表面に表す方法が少し他の人と違うかもしれません。植木や花や、動物を愛したり、室内装飾が好きだったりするのは、ポエティックで平和を愛する井宿の反面がよく出ています。何かを決める時、なかなか決断しにくい人は、いやでも頼まれると断れきれない人がいます。少々見えっ張りで格好をつけていると、足をすくわれるのです。

時々、見当違いなことをする人でもあります。自分にとって、悪い人でも良い人と考えて助けてあげたり、大切な人を毒舌でやつけたりする。ちぐはぐなことをしてしまいます。「井戸は大きくは見えない。井戸の中からの範囲しか見えないのだから…」と言われますが、井戸だから1つのことを深く掘り下げることができる、とも解釈できましょう。1つのことに集中すれば、ものすごい根気良さでしますから、掘るほどに知識の泉に恵まれる宿星です。

井宿の気をつけたい病気と病床

井宿の人は、本人の気づかない緊張感と、心理的葛藤が病気を呼び起こします。精神的なものを取り入れた健康法、または食事法はとても効果があります。腎臓病、気管支炎、ストレス、化膿しやすく風邪をひきやすい、これらが引き起こす病気、例えば肺炎、喘息などには要注意です。病気になるのではないか、と病気になる理由を考えるよりも、おおらかな生活を過ごしましょう、緑が新鮮な大樹に触れる生活を時々試みるのが良いでしょう。あまり孤独になるのもストレスを引き起こします。心通じ合える仲間とドライブなど出かけるのもストレスを発散するのでとても良いです。

井宿の開運方法とは?

自分で全く気がつかないのに、他人の恨みや生霊を受けやすい人です。これは、実生活や健康の面で大きな損失や災害をもたらします。自信を持ちすぎて、何でもできると考えがちですが、他人がバカに見えて、理詰めで他の人を問い詰めるような傾向が著しいのが特徴です。しかし注意すれば損失や災難から逃れられます。理詰めで他人の追い詰めるような事は控えるようにした方が運勢は開けてくるでしょう。

井宿の人はふとした時に、自分にあまり関係のないつまらない人物に足を救われて、取り返しのつかないことが起こります。知識よりも勘と常識を働かせることで運勢は良くなってくるでしょう。自分の判断や努力ではなく、実は周囲や巡り合わせによるもので物事が成就するのです。したがって、自分の幸運に感謝し、平静な態度を心がけ、怒りを収めていれば本来は人のためになることをしてあげるのが大好きですから、人からも尊敬されて幸運が舞い込んでくるでしょう。

 

関連記事

  1. 宿曜占星術の27宿「昴宿」の人生、性格とは?
  2. 宿曜占星術の27宿「鬼宿」の人生、性格とは?
  3. 宿曜占星術の27宿「張宿」の人生、性格とは?
  4. 宿曜占星術の27宿「参宿」の人生、性格とは?
  5. 宿曜占星術 相性 当たる 宿曜占星術 とは?
  6. 宿曜占星術の27宿「觜宿」の人生、性格とは?
  7. 宿曜占星術の27宿「亢宿」の人生、性格とは?
  8. 宿曜占星術の27宿「畢宿」の人生、性格とは?

ピックアップ記事

PAGE TOP