宿曜占星術

宿曜占星術の27宿「鬼宿」の人生、性格とは?

宿曜占星術と言うインドで誕生した占いがあります。インドから中国へ渡り、そして日本へやってきた古来の占い方法です。

そんな宿曜占星術には、27通りの生年月日による占い方法があります。

その1つが「鬼宿(きすく)」です。

27宿の中でも裕福な家庭に生まれやすい宿だと言われています。

さて、そんな鬼宿とはどの様な人生を歩んでいき、どの様な性格をしている宿なのか、開運方法なども書いてみましたので見ていきましょう。

鬼宿の歩んでいく人生、運勢とは?

宿曜占星術の27宿の1つである鬼宿の歩んでいく人生とは?

鬼宿は、十二宮の中の蟹宮に属しています。人体では「牙または骨」に当たります。鬼宿の人は、とても裕福な家の出身で、末っ子として生まれる人が多いとされています。女性は生家を離れると気苦労が多くなりますが、全体的に財産に恵まれて豊かな人生を送ることができます。生涯に1度2度、災難に見舞われることがありますが、親交の深い人は神仏の加護によって災難は無難となります。このことで晩年の良さ、悪さが決まります。人によっては中年に命を落とす人がいます。釈尊は、この宿星の生まれたとされています。

男性は、中肉中背、誠実な感じです。女性は、背が低めで色白、小太りです。両者とも陽気な雰囲気を持っています。子供の頃は内心がはにかみ屋で、率先して催しに参加したがりません。学校でも、できれば後ろのほうに隠れていたいのですが、無理強いされると家に帰ってしまうようなところがあります。感情の起伏が激しいのに加えて、想像力豊かなところがありますから、理解がある先生に巡り会うとこの子は伸びますが、威圧的な教師に会うと登校拒否になってしまうことがあるでしょう。他の子供より体育等は特に動作が鈍いので、いじめっ子のターゲットになってしまう可能性もあります。この子供には、情操教育の方向で作文を書かせるとか、詩とか童話などで心豊かにしてあげるのが光年に際して生きてきます。

青年時代は子供の時程には、はにかみがはっきりと表面に出てきませんから、社交的になり友達も増えてくるでしょう。自分の好きな学問とか、仕事ならものすごく打ち込む人です。この時期に将来の方向が決まりますが、自分が精神的に束縛をされるような職業には就く事はないでしょう。それなら無償で働くか、学問の研究の世界に入り浸るのかのどちらかになるでしょう。不思議な霊感のようなひらめきがあって、なんとなく方向の決まる人です。
この宿星は、極力周囲の人にも合わせようと努力するし、27宿中の働き物の宿星では星宿と並んでいます。見かけよりも人一倍の努力と働きをします。1つのことを変える事はしませんから、徐々に報われると言う感じです。世間的に言うと、人に尊敬されるような良い職業を持って財産を増やすことができます。

ただ、細かく目先を聞かせたり、お世辞を言って上手に世の中を渡る事は下手なので、つい出だしが遅くなって長いこと他の人の下積みになることが多いのです。この宿の人は、派手に見えて派手ではなく、呑気に見えて呑気ではありません。人に騙されそうでも決して騙されないのは、人間の行動や気持ちに関しの勘が非常に発達しているからです。

中年の時期は、家庭生活は円満ですか、子供に恵まれにくいか、子供の縁が薄いので夫婦共々働くことが多くなります。この宿星は、気苦労の多い宿です。親孝行と言うのも特徴です。そしていつも、親、兄弟、親族の面倒を持ち込まれるのですが、それも一生懸命こなさなければなりません。たとえ、家を継がなくても、長男、長女の役がまわってきて、親の面倒を見ることになるかもしれません。義理の親の場合でもそうです。そして、親の財産を貰い受けると言うのが特徴です。

元来、この宿星は健康で長寿ですが、働き盛りの頃に1度、2度の災難に会うことがあります。病気、事故、財政どれかは不明ですが、どちらにしても他動的なもので、ふって沸いたように起こりますが、不思議な救いの手が差し伸べられるでしょう。危ないところを助かるのが普通です。本人が若い時からの神仏に対する気持ちの表れでしょう。

鬼宿の結婚

男性、女性とも夫婦仲はとても良いのですが、結婚をすると家族や親族のことで心配事が多くなったり、女性も1人前の働きをするようになりがちです。男性の結婚運は良くて、とても良い妻に恵まれます。女性は、27宿中1番夫につかえる宿星と言われています。鬼宿の男性の方は遊びまわるのも、仕事で出かけるのも多くて家にあまりいませんが、両者とも家庭を非常に大切にする宿星です。ただし、子供の縁が薄いのが欠点でしょう。子供に恵まれても遠くに住むようになりがちです。

鬼宿に向いている職業

この宿星の向いている職業としては、この宿星は時には瞬間的なひらめきがあるので、他の人の気づかない研究をしたり、アイディアを生かして成功することも可能でしょう。会社勤めもできますが、どちらかと言うと束縛されない環境でコツコツ仕事をすると人より倍の力を発揮できます。貿易業、学問研究者、宗教家、文筆業、飲食業、人生コンサルタント、教師、不動産業などが良いでしょう。

鬼宿の性格とは?

この宿星の人が、お祭りの星とあだ名されるのは、少々気が良くてその時のムードで色々なことを自分ひとりでして引き受けてしまい、後で悪戦苦闘したり、あるいは賑やかにパーティーをするのが好きだったりするからでしょう。同情を買うのなら、鬼宿に狙いを定めて頼めば、絶対に断られないでしょう。これほど他人でも身内でも、ただこの「かわいそうに」の一言で動いてしまう人はいないでしょう。もちろん、馬鹿を見ることがずいぶんありますので、ただ働きをしてしまうことも多いのですが、後年、この宿の人には必ず違った形で大きな見返りが来ます。

不思議なことに、この類のことを多くすればするほど、人生の後年になってこの人は、危ない時に救いの手が差し伸べられで大きく助けられるという現象があります。

例えば、みんなで一緒に仕事を始めると飲み込みが悪くて馬鹿にされるのはこの宿の人達です。ところが、一度納得するとものすごい集中力とエネルギーを使って、いつまでも1つのことに張り付いているので周りのものはついていけなくなることです。

好奇心が非常に強くて、学んだ事はすぐにでも実生活に役立ててしまう反応の速さがあります。普通は、常識家でコツコツと働いて陽気に振る舞っている鬼宿の人の本当の心は、計り知れないものがあります。気に入らない人がいると急に姿を消してしまったり、一切付き合いを止めてしまうようなことがあります。

この宿の人は、たとえどれほどの代償を払ってでも「心の自由」を求める人達です。どんな忍耐も辛さも、ものともしないのに、気持ちの上での人間的冷たさや、圧迫を感じた時に鬼宿の人の心はふと反対の方向に永遠に吹き去ってしまうのです。すなわち、この宿星の人間に対する尺度も忍耐の尺度も、他の宿の人たちと違うところに問題があるでしょう。一見変人ではありませんが、本当は変人の部類に属するでしょう。

鬼宿の気をつけたい病気と病床

どちらかの足の膝から下を怪我したり、痛めたりすることが多いでしょう。転びやすい人です。苦労が多くて精神的不安定になるのを気をつけてください。胸苦しさ、嘔吐、水毒の病気、食べ過ぎ、疲れすぎは命を短くします。突然の心臓病とか過労死の心配もあります。過食をしないように食事の量を気をつけるだけではなく、さらに食事の質も気をつけてください。定期的な休養と医師の診断が必要です。普段は非常に元気で丈夫な宿星ですから安心して働いてしまうのです。

鬼宿の開運方法とは?

鬼宿の人は、他からの気苦労や生霊を送られやすいので、こちらがそれを受け取らずに軽く流してしまう気持ちになると、ほとんどの災難は消えてしまいます。

働きすぎが自分で災難を招く原因になっています。目に見えない神仏の加護が大きいので、信仰心を持って徳行を積むと、この宿星の災難が避けられるばかりではなく、この宿星が善行を積むと大幸運として長生きすることができるでしょう。

具体的に言うと、どんなに忙しい日々の中にあっても自分や家族の事ばかりに囚われずに、周りの人々に対しても現実面はもちろんですが、精神的には信仰の種をまいて、本当に幸福になるように願うことです。それがこの鬼宿の運勢を良くする秘訣でもあります。

 

関連記事

  1. 宿曜占星術 相性 当たる 宿曜占星術 とは?
  2. 宿曜占星術の27宿「柳宿」の人生、性格とは?
  3. 宿曜占星術の27宿「昴宿」の人生、性格とは?
  4. 宿曜占星術の27宿「畢宿」の人生、性格とは?
  5. 宿曜占星術の27宿「亢宿」の人生、性格とは?
  6. 宿曜占星術の27宿「井宿」の人生、性格とは?
  7. 宿曜占星術の27宿「軫宿」の人生、性格とは?
  8. 宿曜占星術の27宿「角宿」の人生、性格とは?

ピックアップ記事

PAGE TOP