宿曜占星術

宿曜占星術の27宿「星宿」の人生、性格とは?

宿曜占星術と言うインドで誕生した占いがあります。インドから中国へ渡り、そして日本へやってきた古来の占い方法です。

そんな宿曜占星術には、27通りの生年月日による占い方法があります。

その1つが「星宿(せいすく)」です。

27宿の中でも一番働き者のな宿だと言われています。

さて、そんな星宿とはどの様な人生を歩んでいき、どの様な性格をしている宿なのか、開運方法なども書いてみましたので見ていきましょう。

星宿の歩んでいく人生、運勢とは?

宿曜占星術の27宿の1つである星宿の歩んでいく人生とは?

星宿は、十二宮中の獅子宮に属しています。人体では「頂」に当たります。27宿中1番働く宿星です。他に「働く宿星」の横綱格では鬼宿と参宿がいます。それぞれ働き方が違います。お庭での働き方は、細かく忍耐で続けます。参議院宿は、がむしゃらにやって退けます。そして、星宿の働き方はどうかと言うと、どっしりと腰を据えて確実に最後まで推し進めていくものです。エネルギーのかけ方にムラがないのが特徴です。

9日生まれの人が多く、幼年時代から成人するまではこの宿星の1番辛い修行の時代と言えるでしょう。青年期から中年、晩年と後はそれが学問である職業のためである、普通以上の働きを続けることができます。そして財と名声がこの宿星の後から追いかけてくるような型で、いつの間にか富を得ている身分となっているでしょう。星宿の晩年は、年齢を重ねれば重ねるほど、人々の尊敬と信頼を得てとても長生きをする人がいるのも特徴です。

星宿の人は男性も女性とも割合がっちりとした体格の人多いのですが、周りにいるだけでパワーを感じさせる不思議な魅力を持っています。

幼年時代はあまりパッとしません。言葉はぶっきらぼうで、いわゆる可愛らしい子供としては見られないのがデメリットです。両親が健在ならば自分が弱かったり、他の家に出されたりします。本来、努力型の宿ですから大きくなるにつれて頭角を現してきます。この子供は親に見込まれて、たとえ長男でなくても、男子である上司であるリーダーとなるように仕込まれるのです。また養子に行っても、この宿星は落ち目の家を繁栄させると言われています。

青年期には、何か大きなことをしようと夢見るのが特徴です。事実、この時期からこの人も忙しい人生が始まるのです。勘も良く知識が豊富で計算にとても明るく物事を大局的に掴みますから、仕事上の発展はとても早いのです。もし、学問を目指す人ならそれこそ死に物狂いで勉強するでしょう。研究熱心で、上司や先生の信頼も厚く成果は上がりますが、一方、ゆとりと言うものを知りません。時間の方が自分を追いかけてくるような具合で猛烈に送信します。しかも、あまり気を使わずコツコツと続けます。

はっと気がついたら10年を過ぎていて、地位、名誉、資産がお供についてきた…と本人には感じるでしょう。ですが、この50歳位までの努力と働きは、他の宿星に比較にならないものがあります。でも、これまでの間に2つ位の問題が起こります。第一に周囲の人達がついていけないようです。同僚や目下の人はこの人ほど働きません。ですから、この人の活動ぶりを見てとても驚きます。それで助かるのはよく気がついて面倒見が良いのと、必ず部下などに報酬を出すのが上手なので、恨みを買うことが少ないのです。

ところで、この宿星の人は我が身は質素にして他人にはよく、欲しがるものなどをどんどんあげてしまいます。商家の奥さんがこの宿の人だと使用人がいつくと言われています。第二には、この宿の特徴として身内や他人のトラブルに巻き込まれることが多いのです。相談事を持ち込まれることも多いです。頼りにされることも多いです。反骨精神に富んでいる人ですから、よしと思ったらとことん人を救ってしまいます。それで必ず約束を実行する人です。諸々のことをしているうちに資産が増えて行きます。この宿の一大特徴として、不動産、土地を買うのが大好きなので、貯めたお金は不動産に変えることが多いのです。

さて、家庭的には子供が多い方ですが、成人すると離れて暮らすような状態が起こります。また配偶者に死に別れることがあるので、結婚してからの運勢はこの点少し下がり気味です。晩年は、非常に高い地位、名声を得て長寿を全うするのです。しかし、この宿星または確固とした人生の理想像と言うものを持っています。もし自己の理想像に人生が当てはまらない時は、それがとても苦しみとなるのです。

星宿の結婚

男女とも子供に恵まれ夫婦仲は良いのですが、配偶者に1度は死に別れると言われています。同じ仕事を夫婦ですることもあります。この宿の人は浮気はダメで、本気になりやすいのです。男性の場合、理想像が大きくて、仕事も忙しいので晩婚になりがちです。結婚後は、良い夫で家族想いですが、ワンマンなところも出てきます。女性の場合、器量良しではなく色気もありませんが、仕事は手早くお料理も上手で、親戚や知人に受けが良く、家庭婦人としたお嫁さんとしてとても良い女性です。

星宿に向いている職業

星宿の人に向いている職業として、学者、宗教家、教師、不動産関係の仕事が適職です。独立して商売をすれば経済的には良くありませんが、平穏無事に暮らせることができます。サラリーマンなどは最も向きません。何か1つ特別に技能を持つ人と言われています。なんといっても、土地をもとにして利殖するのが上手です。

星宿の性格とは?

この宿の人は、一生涯神仏を祀る人です。このような宗教的な面があるので、難に遭遇した時にこれほど強い人はいないでしょう。危ういところで命を助けられるのは、神仏の加護があるからでしょう。また、善悪両方に強いと宿曜経に書かれていますが、邪悪なことを見抜く才能があるので、せっかちで早とちりのところがあるのに他人に騙される事は滅多にないのです。けれども、たまに幼年時代の教育が良くなかったり、信仰がなかったりすると、この宿星自身が悪に傾いたり、人に嫌われ者の返事になってしまう恐れがあります。それに、友人や親しい人に、自分が気がつかないのについうっかりその人を傷つけるようなことを言ってしまうことがあります。

人間には色々な面がありますが、この宿の人は誰のこともほとんど差別することがないのに、他人からはそう見られない一面があるのです。「あの人は、人生全部お金で解決できると思い込んでいる!」と言われるのです。この宿星、誠に世間に礼儀正しくて、必ず手土産を持参します。お客様はどなたにもご馳走しようとするのです。

その他、旅行、高いところが大好きでミーハー族は大嫌い。自分が服装の流行を追わないのは、とても格好良くて粋であると考えています。結局は、他人の世話をすれば必ず自分に戻ってくると言うことを、この宿星を教えてくれているようです。

星宿の気をつけたい病気と病床

健康で非常に長生きの人ですが、働きすぎで骨を痛めることが多いようです。医療、医薬品は好きな人なので、栄養や治療に心がけると良いでしょう。精神的には、ストレスを無くすことが健康につながっていきます。

星宿の開運方法とは?

星宿には、とてもはっきりすっとした2つの開運法があります。

1つ目は、この宿星にとって神仏を祭ることが1番の開運となります。いかに困難なことが起こっても、神仏を祭ることをやめない限り、そしてまた信仰を捨てない限りは、結果はとても良くなります。自分が宗教家になることでももちろん良いのですが、また宗教関係の家に嫁ぐこともその家が栄えることになります。とにかく、神仏を祭ることに縁を得ることです。

2つ目は、土地、不動産を買っておく事は良い結果を得られると言われています。子供や子孫に経済的な潤いを与えると言う事でも良い結果が出ています。仕事も不動産を扱うのが良いのは言うまでもありません。

 

まだ、あまり知られていない占い方法があるのですが…


そんな無料レポート『占いで〇〇判断法』を受け取って下さい!



『占いで〇〇判断法』
お名前  *
 (必須)
メールアドレス  *
 (必須)



関連記事

  1. 宿曜占星術の27宿「氐宿」の人生、性格とは?
  2. 宿曜占星術の27宿「觜宿」の人生、性格とは?
  3. 宿曜占星術の27宿「鬼宿」の人生、性格とは?
  4. 宿曜占星術の27宿「危宿」の人生、性格とは?
  5. 宿曜占星術の27宿「尾宿」の人生、性格とは?
  6. 宿曜占星術の27宿「亢宿」の人生、性格とは?
  7. 宿曜占星術の27宿「箕宿」の人生、性格とは?
  8. 宿曜占星術の27宿「虚宿」の人生、性格とは?

ピックアップ記事

PAGE TOP