宿曜占星術

宿曜占星術の27宿「亢宿」の人生、性格とは?

宿曜占星術と言うインドで誕生した占いがあります。インドから中国へ渡り、そして日本へやってきた古来の占い方法です。

そんな宿曜占星術には、27通りの生年月日による占い方法があります。

その1つが「亢宿(こうすく)」です。

27宿の中でも一風変わったところがある宿だと言われています。

さて、そんな亢宿とはどの様な人生を歩んでいき、どの様な性格をしている宿なのか、開運方法なども書いてみましたので見ていきましょう。

亢宿の歩んでいく人生、運勢とは?

宿曜占星術の27宿の1つである亢宿の歩んでいく人生とは?

亢宿は、十二宮中の秤宮に属しています。人体では「胸」に当たります。この宿星は一風変ったところがあります。一種の人生哲学を持っていて、終生、正義のために働くのがこの人の理想像です。商売も上手で努力家です。晩年は富と人望を得ることでしょう。

亢宿の男性は大柄で骨太、目鼻立ちがはっきりしており、肌の色が黒くてかっちりとした人が多く、女性はコロコロとしたやや太り気味な人が多いでしょう。

子供の頃はあまり可愛がられません。親や目上に逆らうからです。理屈がないと納得しないところがあります。ずるさは無いのですが、親に逆らってばかりいるので高学年になると、この子は寮に入れようと言うことになってしまう親御さんもいることでしょう。しかし、この時代の亢宿の教育はとても大切です。良い恩師に会うこと、立派な指導者に教育されることがどんなに役立つかもしれません。学問や人生哲学が浅はかですと、一生涯逆らうだけで世をすねた世捨て人のようになってしまう可能性もあります。

所詮は逆らうこと、何かに抵抗するのが性に合っていますから学問も自分の信念に沿うようなものをすれば運は吉となります。ですが、なんでも規則ずくめの職業は多分、自分でも選ぶようなことはしないでしょう。

社会に出ると部下の面倒見がとても良くても、上司には意外なほど強い人です。良い悪いをはっきりと言ってしまいます。責任感が強くて正義感に生きる人なので、周りの人は亢宿に悪い感情はあまり抱かないんです。部下として何をさせてもよく働くので使いやすい人です。

中年の運がよくて晩年に向かって上昇します。出世することも可能ですが、もう一つの亢宿のパターンとして、教育的に成功しなかった場合の人生は、青年時代から下降の一途をたどってしまいます。家庭生活は表裏がないので誠実ですが、裏のことや嘘はすぐばれてしまいます。配偶者にも逆らえますが、生まれの曜日で相当違ってくる特徴があります。なんといっても、良い曜日に生まれた人はすべてに良い影響があります。

あまり大きな夢を実現しようとすると失敗します。というのは、この宿星は突っ張っているわりに騙されやすいところがあるからです。他人の話をよく聞くこと、そして自分の信念に徹しすぎないようにすることが、吉運を招く元となるでしょう。

亢宿の結婚

配偶者運はあまり良くないとされています。多分、親や妻子、夫の話をあまり聞かず自分の固定観念が強いからでしょう。女性は家庭的で几帳面な主婦となります。浪費を一切しないで貯蓄を増やすでしょう。

亢宿に向いている職業

向いている職業としては学者、評論家、弁護士、計理士、警察官、不動産業、運送業、料理人などのものを創造する人、レポーターなどが向いています。きちんと規則を守る人で、お金は使ってもごまかしをしないので商売をするのも良いでしょう。

亢宿の性格とは?

亢宿は、他宿とはちょっとかけ離れた特徴持っています。運命的にも2つの道があると人生の項目で説明しましたが、得意な性格を持つだけに性格的にも全然別人で、2人の人物像が浮かんできます。宿曜経とその類経には同じ亢宿でも全く別人のような解釈がありますが頷けます。

宿曜経の上巻には、「この宿星はリーダーシップがあり、エリート中のエリートで経済的な能力がある。弁舌爽やかできちんとして衣服を着て仕事にあたり、人のために尽くせば家風が上がってくる」とあり、また星宿品には、「仕事の経営は順調に行くが、性質はケチで人に施しをしない。分不相応の欲心を出すと自分の心が思うようにならなくなるので、自ら自分をコントロールしなさい」とあります。

良い曜日生まれの子の宿星は努力家で頭がいいし、数字に優れているし、常に精神を清めて自分をコントロールできる人で、とても良い面が出てきます。学問も人が試みないようなことを研究して非常に成果をあげる人でしょう。しかも、慈悲、宗教心があります。

しかし、一歩間違うと怠けがちで感情の起伏が激しく、すぐ物事に反発して良し悪しをはっきりって人を困らせたりします。非常に卑屈になり施しなどは一切しないと言うようなことも出てきます。聖人と愚人と言うところでしょうか。

亢宿の気をつけたい病気と病床

大腸や痔の病になりやすい体質のようです。その他、風邪をひきやすいのと、食欲が過ぎるのに注意する方が良いでしょう。脳の病気や胃の病気、肺臓、太り過ぎ等には注意しましょう。普段の生活に健康法を常に取り入れると良いと思います。

亢宿の開運方法とは?

亢宿の人は変人と見られる傾向があります。ですので、本来は強い運勢が横道にそれて辛い人生を送らないように努力したいものです。

そのためには次のようなことに気をつけると亢宿の人の開運となります。

第一は、事柄の正邪についてはっきりさせるのは良いのですが、人間の気持ちをもっと考えなければならないでしょう。第二は、大人の対人関係には、妥協も必要なんだと言うことを、その身に常に意識して行動することが必要になってくるでしょう。

お金の使い方が下手な人がいて、他人の怒りや失笑を買うことがあります。周りを見て常識的な金銭感覚を身に付けていけば運も開けてくるでしょう。

 



メールアドレスを登録して


無料レポート『占いで人間関係のお悩み解決相性判断法』を受け取る!



占いで人間関係のお悩み解決相性判断法
お名前  *
 (必須)
メールアドレス  *
 (必須)



関連記事

  1. 宿曜占星術の27宿「昴宿」の人生、性格とは?
  2. 宿曜占星術の27宿「女宿」の人生、性格とは?
  3. 宿曜占星術の27宿「参宿」の人生、性格とは?
  4. 宿曜占星術の27宿「柳宿」の人生、性格とは?
  5. 宿曜占星術の27宿「房宿」の人生、性格とは?
  6. 宿曜占星術の27宿「翼宿」の人生、性格とは?
  7. 宿曜占星術の27宿「軫宿」の人生、性格とは?
  8. 宿曜占星術の27宿「尾宿」の人生、性格とは?

ピックアップ記事

PAGE TOP