宿曜占星術

宿曜占星術の27宿「房宿」の人生、性格とは?

宿曜占星術と言うインドで誕生した占いがあります。インドから中国へ渡り、そして日本へやってきた古来の占い方法です。

そんな宿曜占星術には、27通りの生年月日による占い方法があります。

その1つが「房宿(ぼうすく)」です。

27宿の中でも一生涯財運に恵まれている宿だと言われています。

さて、そんな房宿とはどの様な人生を歩んでいき、どの様な性格をしている宿なのか、開運方法なども書いてみましたので見ていきましょう。

房宿の歩んでいく人生、運勢とは?

宿曜占星術の27宿の1つである房宿の歩んでいく人生とは?

房宿は十二宮中の蝎宮に属しています。人体では「臂」にあたります。

この宿星は、一生涯財運に恵まれる幸運な運命に支配されています。二十七宿中第一位と言えましょう。あまり苦労せずして財産が増えていく特徴があります。人に敬われるような職業を持ち、子供にも恵まれ、よく一家を取り仕切って平和で豊かな一生を送ることができます。ただ、晩年に他動的な問題で財を失うと言う難点があります。

房宿は男性、女性ともに端麗な容貌で気品があります。これは柔らかみがあり人当たりが良いのです。特に目に特徴があります。綺麗で、笑った時に目尻が切れ長な感じの人懐っこい顔つきになるのです。

子供の頃は、親や先輩の言うことをよく聞く勉強のできる子供で、大勢の人たちに可愛がられます。兄弟姉妹の多い、現在栄えている一門の出身者でしょう。自分が長男かあるいは子供に家を継がせることができる人です。もし、子供に恵まれない人も他の人たちより豊かな生活と職業を約束されています。人生の終わりごろになって、精神的、現実的な孤独を味わうことになるかもしれません。

さて、この宿星の青年時代はどうでしょうか。特に若い頃、学生時代に恩師とか友人、知人の中からこの人を特別に信頼して命をかけてくれる人が出てくるはずです。その人物の紹介や引き立てが発端となって、房宿の人の将来が決まるのです。それは一生涯を決定的にする職業とか地位です。

元来、房宿は頭脳明晰で学問好きです。仕事ぶりは熱心で緻密、十分な成果をあげる人です。

実に用心深くもあり、要領を心得ています。判断も常識的で、決して外から批判されるような失敗はしません。例えばどんな職業について、どのような立場に置かれても、着実に周りの人、上司、同僚から信頼されるようになります。地位も自然に上がってきます。この人は陰での駆け引きも相当上手なのです。塾考熟慮して法律に触れないスレスレの線までなら物事が進められると考えています。周りの人たちの雰囲気を感じ取ることが抜群で、上司や部下の考えに適当に妥協しながらことを勧められるので憎まれることがありません。

他の宿の人が味わうような苦労もなく、いつの間にか中年をすぎて子供が親離れをするような頃になると、この宿星の苦しみが始まります。子煩悩の房宿が、心から大切にして自分の気持ちや苦労、お金などをつぎ込んだのは子供だけなのです。子供を中心に一家は団結して暮らしてきたのに、何故か子供たちは親と意見があいません。または子供たちは親と離れて住むようになります。子供が自分の面倒を見てくれるとばかり考えていたのに、子供たちは親を批判したり、ドライの言動に出てしまいます。晩年になると子供で苦労するか、急病で倒れるか、どちらかが大敵となって現れるのが特徴となっています。

房宿の結婚

男性も女性とも家庭を大切にします。子供に恵まれますが、子供は自分の助けとはなりたくないのです。女性は、結婚すると死別になりやすい傾向が見られます。反対に男性の場合もそうですが、もし夫婦仲が良くない場合は、配偶者を剋すことが少なくなるでしょう。子煩悩で、子供は過保護となります。

房宿に向いている職業

この宿星に向いている職業としては、医師、教師、銀行、金融関係、官公庁、政治家、サービス業、ホテル代、モデル、芸能関係などが適しています。非常に愛想が良いのと気軽に周りの人たちのためにちょっとした奉仕をするので、これを生かすと相当の金運がまわってくるでしょう。

房宿の性格とは?

房宿には、人には知られていない面があります。おそらく何十年と付き合ってもわからないでしょう。

一見して柔和で慈悲深いような感じがする人なので、友人や親類の受けがとても良いのです。そしてこの人を頼りに集まってきます。困ったこととか愚痴を聞いてもらうためです。それで相談相手になってくれていると考えたら大間違いです。この宿星にとって、他人の苦労話など何とも思わないんです。同情どころか、失敗談など聞かされたら楽しくてたまらなくなります。

さらに口に出して痛いところを踏みつけるようなことを言ってきたりもします。また、知名度や服装で人間を判断するところがあります。心の底は自分本位ですから他人のためには悲しみません。まして神仏に手を合わせるなどと言う事は全く思いもよらないことでしょう。

同じ蝎宮でも心宿と異なるのは、房宿の心情は他人に見抜かれにくい、普通は全く知らない一面があるということです。

房宿の気をつけたい病気と病床

常日頃はとても元気なのですが、突然の病気や災難に出会ってしまう確率がありますのでこれに注意しましょう。高血圧、糖尿病、婦人病、胃腸の不調、肝機能、腎臓系の病気などは大注意です。この宿の男性でお酒好きの人は、深酒をしやすくアルコール中毒症状や脳の病気になる可能性があるので注意しましょう。

房宿の開運方法とは?

無用のものと思っても、形だけでも神仏を拝してお布施をすることをお勧めします。そうすることで、晩年の孤独運を逃れ大難を小難に変えることができるでしょう。

他人の苦しみを楽しむ気持ちを捨てないと、自分が晩年に苦しむようなことになるので、他人に対する同情心を養うことです。人の苦しみを分かち合うことで開運が開けてくるのです。

 

まだ、あまり知られていない占い方法があるのですが…


そんな無料レポート『占いで〇〇判断法』を受け取って下さい!



『占いで〇〇判断法』
お名前  *
 (必須)
メールアドレス  *
 (必須)



関連記事

  1. 宿曜占星術の27宿「軫宿」の人生、性格とは?
  2. 宿曜占星術の27宿「壁宿」の人生、性格とは?
  3. 宿曜占星術の27宿「奎宿」の人生、性格とは?
  4. 宿曜占星術の27宿「室宿」の人生、性格とは?
  5. 宿曜占星術の27宿「心宿」の人生、性格とは?
  6. 宿曜占星術の27宿「昴宿」の人生、性格とは?
  7. 宿曜占星術の27宿「婁宿」の人生、性格とは?
  8. 宿曜占星術の27宿「氐宿」の人生、性格とは?

ピックアップ記事

PAGE TOP