宿曜占星術

宿曜占星術の27宿「尾宿」の人生、性格とは?

宿曜占星術と言うインドで誕生した占いがあります。インドから中国へ渡り、そして日本へやってきた古来の占い方法です。

そんな宿曜占星術には、27通りの生年月日による占い方法があります。

その1つが「尾宿(びすく)」です。

27宿の中でも一番集中力があり、身体もしっかりと強い宿だと言われています。

さて、そんな尾宿とはどの様な人生を歩んでいき、どの様な性格をしている宿なのか、開運方法なども書いてみましたので見ていきましょう。

尾宿の歩んでいく人生、運勢とは?

宿曜占星術の27宿の1つである尾宿の歩んでいく人生とは?

尾宿は十二宮の弓宮に属しています。人体では「心」に当たります。

この宿星は、二十七宿中一番集中力があり身体もとても強健で、人生を長期マラソンで勝ち抜くタイプです。子供の時は冴えない感じですが、成長するにしたがって他を追い抜きます。

財産は確実に手に入れます。一家を大切に守るのもこの宿星です。中年期のちょっとした災難を乗り切った後、生涯安泰に暮らす長寿の宿星です。

男性も女性も清潔感の漂うすっきりとした感じの人です。男性ならすらりとしたハンサムな人で、女性ならやはりきれいな人です。子供の時代にやや厳しいほどの家庭に育ち、子供心に世間のしきたりや礼儀を知ることになり、人間としての暮らしのビジョンを両親から学んだ人は幸運でしょう。

この宿星は身体も丈夫です。我慢強い子供ですから家に帰ってきてもあまり口を聞かないで、1人で黙々と何かをしています。機械やプラモデルのようなものが大好きでしょう。あまり親には心配をかけません。勉強はできてもできなくても学校の規則をきちんと守る子供です。

尾宿の人は、運動選手に多い宿星です。機敏で力も気力も充分で、集中力がとてもあります。不思議なことに引っ越しが「吉」の人で、どのような辺鄙なところに引っ越しても、その場所が栄えるようなことになってしまいます。また、父母の面倒見は良いのですが、生家より離れて暮らすことがあります。養子に行くとその家を再興すると言われています。

物事をするのに小さい時はとてもスローな感じですが、大きくなるにつれてスムーズに手早くなります。青年時代は自分の納得できる事は一生懸命いたしますが、そうでなければ親にいくら言われてもだめです。何もやりません。

社会に出て自分に合った職場を得ますと運が開けます。そしてこの宿特有の優れた仕事ぶりを発揮できるでしょう。地道で忠実で緻密です。自分の分をきちんと守って派手さは全くなく、お世辞も言いませんが、着実に地位を踏み固めていきます。この人がいなくては周りの人も困ってしまうようになるのです。

この宿の人は蓄財にもたけているので、お金を浪費することなく自然に豊かになります。家庭運が良くて、後継の子供に恵まれるでしょう。非常に家を守り、家族を大切にします。このように、この人の運は平穏無事に過ぎて旅行で良好です。また、出世運もあります。ただし、中年期四十五歳位の時に事故や災難の可能性があります。

尾宿の結婚

総体的に晩婚なのは、この宿の人は相手を選ぶのになかなか時間がかかるからです。でも結婚すると仲が良くて片方が亡くなると、片方も亡くなりやすいことです。

男性は働き者でよく稼いでくれます。妻の言うことをよく聞くこととなります。子煩悩で良い父親になって、生活を困らせるような事はありません。二十七宿中一番家庭を守る人です。妻の選び方を良くしないと一生涯の運を削がれます。

女性は、キャリアガールに適していますが、頭が働く賢い妻となるでしょう。反省心が強く、無駄な買い物をせず、家計のやりくりが上手です。

尾宿に向いている職業

技術関係の仕事、自衛官、警察官、銀行員、技術者、教師、園芸家、建築業、設計士、翻訳料、運動選手、プロレスラーなど向いている職業として挙げられます。自分で商売を経営するのは不向きでしょう。根気のある人ですから、単調で長続きのする仕事ができます。

尾宿の性格とは?

尾宿は、二十七宿中一番戦争に強い武将の宿星とされています。しかも、一人で戦って他宿がかなわない攻撃力と粘り強さがあります。

「尾宿とは絶対に喧嘩をするな」と言われているのも道理でしょう。

飾り気がなくて、普段はあまりおしゃべりではありません。何を考えているのかわからないようだと思われていますが、演説は非常に上手です。尾宿の人は上がらないし、用意を怠らないので自信があります。自分の分を守る人で、規則に違反するような事は絶対にしない人です。でも、目上と目下に対する差をきちんとつけて「差別の人」などと言われます。

技術で身を立てることが多い宿星です。どんな緻密な事でもやり遂げます。仕事は丁寧で器用です。自分の目的はどんなことがあっても成就するまで執念深く追い求めるのは、弓宮のせいでしょうか。ただちょっと視野の狭いところがあります。

車に乗るとスピードを出すのがとても好きです。きれい好きでしょう。しかし、朝寝坊が玉に傷です。食べ物は甘いものも好きですが、お酒も大好きです。趣味はプラモデルやスポーツの他は本を読むこと。蓄財をすることも好みのうちに入ります。草花や植木をさせるのも良いでしょう。人は人、自分は自分ではっきりしていますから、孤独に強い人でもあります。生涯の配偶者についても、職場のことも、心から自分の納得するやり方を若い時にしておくことが、尾宿の生き方のポイントです。

もし、場所を得ないと、ただただ夢を持って生きる狩人のようになってしまうでしょう。

尾宿の気をつけたい病気と病床

事故に合わないように、車のスピードの出し過ぎには注意してください。脳の病気、糖尿病などの病気に気をつけて、通常の生活に健康法を取り入れるのはとても良いでしょう。また、足を痛めないように気をつけて日々の生活を過ごしていきましょう。

尾宿の開運方法とは?

一度財産を失うと、回復しがたいのでかなりの用心をしてください。もし、自分の運勢が悪くなっていると感じたら、目上の中で立派な人格と格式の人を選んで、その人のアドバイス通りにしてみると良いでしょう。そのような立派な人格と格式のある人からメンターとして学ぶことが開運につながってくると思います。必ずそのような素晴らしい方からの引き立てで上昇運となります。社交的なことにお金を使う方が開運となりますので、勉強会やセミナーなどに積極的に出てみることが開運につながっていきます。

 

まだ、あまり知られていない占い方法があるのですが…


そんな無料レポート『占いで〇〇判断法』を受け取って下さい!



『占いで〇〇判断法』
お名前  *
 (必須)
メールアドレス  *
 (必須)



関連記事

  1. 宿曜占星術の27宿「室宿」の人生、性格とは?
  2. 宿曜占星術の27宿「軫宿」の人生、性格とは?
  3. 宿曜占星術の27宿「危宿」の人生、性格とは?
  4. 宿曜占星術の27宿「虚宿」の人生、性格とは?
  5. 宿曜占星術の27宿「箕宿」の人生、性格とは?
  6. 宿曜占星術の27宿「参宿」の人生、性格とは?
  7. 宿曜占星術の27宿「翼宿」の人生、性格とは?
  8. 宿曜占星術の27宿「胃宿」の人生、性格とは?

ピックアップ記事

PAGE TOP