宿曜占星術

宿曜占星術の27宿「斗宿」の人生、性格とは?

宿曜占星術と言うインドで誕生した占いがあります。インドから中国へ渡り、そして日本へやってきた古来の占い方法です。

そんな宿曜占星術には、27通りの生年月日による占い方法があります。

その1つが「斗宿(とうすく)」です。

27宿の中でもある宿星に引けを取らない幸運な宿だと言われています。

さて、そんな斗宿とはどの様な人生を歩んでいき、どの様な性格をしている宿なのか、開運方法なども書いてみましたので見ていきましょう。

斗宿の歩んでいく人生、運勢とは?

宿曜占星術の27宿の1つである斗宿の歩んでいく人生とは?

斗宿は十二宮中の弓宮(一足)と磨宮(三足)に属しています。人体では「右脇」に当たります。

この宿星は二十七宿中、昴宿に次いで二番目に幸運な宿と言われています。少年運も良い方ですが、社会に出て活躍するようになるとよりいっそう上昇運となります。生来負けず嫌いで不屈の精神で努力していきます。さらに加えて、周りの人々の助けによって華やかで生きがいのある素晴らしい人生となるでしょう。晩年は、子供の縁が薄い傾向にあるのを除けば、ある人は名声を博し、人に敬愛される身となることでしょう。

斗宿の人は背が高く、すらりとして気品があるのが特徴です。女性は愛嬌があって女らしい感じの美しい人が多いのが特徴です。そして、この宿の人の美的感覚は一級ですから、服装もシックで交渉です。ただし全ての人がこの様な感じとは限りませんのでご注意願います。

子供の時から青年時代の時期が斗宿にとって一番辛い時期となるでしょう。社会に本当の意味で羽ばたくにも厚い殻を破らなければ脱皮できないので苦しみます。斗宿は、幼年時代か若い時に何らかの理由で一度苦労することがあるのです。また病気にかかって完全に治癒するために長期間病を治すために病院へ通うようになることもあるかもしれません。

青年期になると、この人自身の努力が始まります。頭は良いし技術を身に付けるのも早く、話はとても上手で人の気をそらしたりする事はありません。絶対に、できないと言う弱音を見せませんから、結構優雅に暮らしているように受け取られます。しかし、斗宿の幸運は一番困った時に救いの手が差し伸べられると言うことです。努力が実ってくるのはこの頃からです。

中年期には目的を見つけては、到達するのにとても忙しくなります。元来外に出ることを好きな宿星ですが、この時期には嫌でも三人分くらい活躍しなければならなくなってしまいます。そのかわりと言ってはなんですが、運勢が上昇の一途をたどっていきます。将来の財産や名声はこの時から築かれつつあるのです。

家庭はどうでしょうか。仕事が価値観として優先しますから現実的には時間がなくなり、家族の事はなおざりになりがちの家庭生活でしょう。女性の斗宿なら結婚すればこのことが問題となってしまいます。子供に恵まれないかもしれません。後年子供の縁が薄くなるのは、そのようなことが土壌となっているのかもしれません。

晩年に際して、神仏へ崇敬と努力を常に失わなかった人には、多くの友達に囲まれた忙しいけれども穏やかな日々が待っています。

斗宿の結婚

男性、女性とも、自分より上の家柄の人と結婚したがります。

女性は玉の輿に乗ることがあります。子供には恵まれにくいかもしれません。結婚後、仕事をもつと才能があるので自然に興味を外に向けるようになります。家庭を愛する気持ちを持っていても、現実的な面で主婦業は無理になるでしょう。どの宿星にも言えることですが、配偶者で生まれ曜日や宿の関係で同じ斗宿でも相手によって結婚運には相当の開きが見られることでしょう。本人の宿と、他宿との関係の項目を見て、吉凶を調べるのが基本になってくるのですが、次のように、「三十九秘宿品第三」で解釈することもできます。

例えば、斗宿の女性が八番目の胃宿(親)が軫宿(栄)と結婚した場合は大吉ですが、心宿の人と結婚した場合には凶となります。斗宿の人は、心宿に会うと非常に魅力を感じてすぐに結婚しやすいのです。ところが、結婚後はいつも喧嘩になります。でも、離婚はなかなかできません。腐れ縁と言うのがこの「安壊」の関係です。斗宿としては「壊」ですが、心宿としては「安」の仲ですから、心宿が安心していますと虚をつかれて斗宿にやられます。両方で、この上なく憎みあいになってしまいます。別れても心の中で死ぬまで恨むでしょう。このように破壊の宿星同士は、初めは自分にないものを相手に見て急速にひかれますが、後はとても良くないのです。注意しましょう。

斗宿に向いている職業

宗教関係は、斗宿に天与のものが備わっていますので大吉です。弁もたち押し出しが良く、なんといっても周囲の人の助けがあるので政治家も良いでしょう。器用さと美的感覚は二十七宿中でも一、二を争うほどですから芸術、技能を生かしてファッション関係、デザイナー、手芸がとても良いでしょう。他に適職は料理研究家、人生コンサルタント、文筆業などです。着飾るのは好きですから芸能関係もあっていると思います。

斗宿の性格とは?

斗宿と言うと、「闘い」の宿であると考えてみましょう。このことを斗宿の基本精神としてみると、諸々の行動パターンがとても理解しやすくなります。この宿星は、とにかく他人に負けるのがとても大嫌いですから、一生懸命努力して目的を達成し自分自身の欲しいものを手に入れます。それが地位であり名誉でありまたは財産であり、勝利を得るまで頑張るのです。そのうち周囲の人や良いブレーンやメンターが出てきて助けてくれます。

知的にも人情的にも優れた友人、知人を持つことが出来るのもこの宿の場合恵まれた資質です。言い換えれば、競争相手があってこそ伸びる人で、闘う相手や目的がなければ発展しないわけです。磨宮に入ってますから、常に自分を磨いていなければ気が済みません。そのために人一倍の執着心とエネルギーを内に秘めてことに当たりますが、見かけは決してそのように見えません。

斗宿は小さいことにはかまけませんが、大きく勝負します。結果として周りの人や身内の人間が苦労させられることもあります。格好をつけるのが大好きで、見栄張りでもありますから、一つの権力を握ったら絶対に他人に譲ることをしたがりません。周りにも尊敬と礼儀を持って接してほしい人です。でも、義理人情を発揮して他人を助ける面もあり、「陽」でカラッとしています。

第二の特徴として、この宿の人は宗教に深く関わっている人や、または神仏への崇拝の念が厚くて祭祀を重んじる人が多いことです。その場合は、運が上昇しているようです。

その他には、美的感覚がとても優れています。服装に凝る人がいますが、ちょっと変わっているのは、ものすごく高価なものを新調してそれを普段着にまで来ているとか、人が手を出さないようなものを見ると自分が着こなしてみせるとかです。

能力の無い人ほど見かけが豪華になるようです。人によっては他人を見下したり、相手次第で威張って見せたりする人がいるのです。そうなると人が寄り付かなくなり、愚痴っぽくなり貪欲な性格出てきて運は下降します。そうならないように、自分自身注意が必要になります。大変に興味深い宿星です。

火曜日生まれ、斗宿の人はこの宿の良さが出ます。木曜日生まれ、技芸の上達が早く、頭も良く人付き合いがよく旅行好きです。財産のある人が多いのですが、そそっかしいので注意してください。

斗宿の例としてよく元首相、中曽根さんが話題にのせられますが、実際に斗宿のイメージに合っていると思います。青年時代、警視庁に入りましたが初めての日、マントを羽織った子の姿は一分の隙もなく、あまりにも格好の良いのに驚いてしまった方も多くいるそうです。神仏の祭祀はかかさないし、面白い斗宿の特徴が出ているのは「占い」が好きなことです。政治的な面はご存知の通りです。

斗宿の気をつけたい病気と注意

身体は丈夫で、あまり病気や怪我をしない人がとても多いようです。食べ過ぎ飲み過ぎなど不養生な事は、極力避けるのが賢明です。特に、栄養過多とか胃腸病に気をつければいろいろな病を引きださないのですみます。

斗宿の開運方法とは?

斗宿の人は、特に神仏を祭祀することが大吉です。一生涯を通じて病気の難、色難などを被ることがなく、この宿の持つ幸運がとても増大されることでしょう。この宿の人は、他宿星より、特に高い目標を持つのが開運のもととなります。常に高い目標を持ち、前向きに生きていくことがすばらしい人生を送る秘訣になるでしょう。

 



メールアドレスを登録して


無料レポート『占いで人間関係のお悩み解決相性判断法』を受け取る!



占いで人間関係のお悩み解決相性判断法
お名前  *
 (必須)
メールアドレス  *
 (必須)



関連記事

  1. 宿曜占星術の27宿「畢宿」の人生、性格とは?
  2. 宿曜占星術の27宿「星宿」の人生、性格とは?
  3. 宿曜占星術の27宿「柳宿」の人生、性格とは?
  4. 宿曜占星術の27宿「鬼宿」の人生、性格とは?
  5. 宿曜占星術の27宿「張宿」の人生、性格とは?
  6. 宿曜占星術 相性 当たる 宿曜占星術 とは?
  7. 宿曜占星術の27宿「氐宿」の人生、性格とは?
  8. 宿曜占星術の27宿「翼宿」の人生、性格とは?

ピックアップ記事

PAGE TOP