宿曜占星術

宿曜占星術の27宿「婁宿」の人生、性格とは?

宿曜占星術と言うインドで誕生した占いがあります。インドから中国へ渡り、そして日本へやってきた古来の占い方法です。

そんな宿曜占星術には、27通りの生年月日による占い方法があります。

その1つが「婁宿(ろうすく)」です。

27宿の中でも地道な働きが認められ、晩年には運勢が上昇する宿だと言われています。

さて、そんな婁宿とはどの様な人生を歩んでいき、どの様な性格をしている宿なのか、開運方法なども書いてみましたので見ていきましょう。

婁宿の歩んでいく人生、運勢とは?

宿曜占星術の27宿の1つである婁宿の歩んでいく人生とは?

婁宿は十二宮中の羊宮に属しています。人体で表すと、「脛」に当たります。

幼年時代は弱い体質のためあまり運勢は良くありませんが、青年時代からとても聡明さと努力で次第に良くなっていきます。中年期には運勢は中運と言うところですが、地道な働きが認められて晩年にはさらにもっと上昇していきます。

三十歳の頃に病気、災難に気をつけてください。自分が大きくトップになろうと考えなければ、とても平穏な一生を送ることができることでしょう。

婁宿の人は中肉中背で男性は色黒の人が多く、温厚な人柄をとても感じさせます。毛髪は硬くて多いのが特徴です。女性は明朗ですが、ちょっと場違いな服装することがあります。やや猫背でずんぐりむっくりしている人がいます。ですが、婁宿の男性や女性がすべてこのような容姿をしているとは限りませんのでご了承ください。

子供の時は、勉強ができますが身体が弱いので、両親に心配をかけることが多いのです。自分の分より出しゃばることもないけれど、誰かに可愛がられるタイプではありません。頭脳明晰で暗記力にとても優れています。計算はとても緻密です。学校等のテストに強いでしょう。先生の望んでいる答えの仕方を知っていて、自分の考えよりもこう答えたほうがいいなと思って書くので、点数が良くなります。音楽が得意ですから、この方面で情操教育を試みると良い結果が出ます。学問ではなんといっても理数科、医学部の方面でしょう。

青年時代になると、もうこの頃から自分の体質を知って自分自身で健康法を考えますので、子供の頃より体力が出てきます。常識家でよく働きます。性格的に手抜きができないタイプです。

仕事は非常に緻密できちんとしています。ですので会社の上司からの評価も高いことでしょう。計算に強いのがこの宿星の一大特徴ですから、適職を得るとこの分野で発展性があるのです。思慮分別があって、争い事が嫌いで理非曲直(りひきょくちょく)に優れて秀でていますが、裏を返せば批判精神があって人を差別して扱うようなところがあります。その点は注意しましょう。何にしても人のトップに立つより、優秀な人の下についていた方が平穏に生きられます。人に使われた方がとても運勢が良くなります。

三十歳位の頃は、突発的事故や病気に注意することが肝要となります。中年期は地道な婁宿の良さが認められてきます。運勢は晩年に向けて上昇していくことでしょう。大きな野望は抱かないで、着実に一歩一歩進めていくと晩年は安心そのものを得ることができます。この時期に野望を抱いて、自分の分を忘れなければ良いのですが、もう一歩というところで挫折しやすい人でもあるのです。

両親の面倒をよく見る人で宗教心もあります。家庭生活は配偶者を管理したいし、家計も自分で握らないと気が済みませんから、度が過ぎると家族から離されます。先の見通しは良いので困らせるようなことはしませんが、理屈をものすごく言うのが特徴です。これもこの人を孤独に導いてしまう元になりますので注意してください。

婁宿の結婚

お見合い型ですが、晩婚になりがちです。結婚すると厄難を背負いやすい言われています。悪いところを指摘して相手を見下す癖があるので、とにかく夫婦仲が冷たくなりやすいのです。男性は妻子を大事にします。女性も切り盛りがうまく家事能力があってきちんと家を守ります。お料理が上手です。特に火曜日と土曜日生まれの人はお料理が得意です。

婁宿に向いている職業

コンピューター関係、行政書士や司法書士、または税理士や会計士などの緻密な計算を要する職業に向いています。医薬品、医療関係の仕事や商売、医者、看護士などの治療に携わる仕事は向いていると言えるでしょう。

起業をしたり事業を自分で起こすよりも、優秀なトップの下にいて参謀役、女房役をした方がぴったりとしていて結果が良いでしょう。

婁宿の性格とは?

婁宿と聞いたら「こま犬さん」を思い出しなさいと、多くの宿曜占星術のスペシャリストの方がよく言っています。こま犬は、お賽銭が上がるかどうかちゃんと見ています。この宿星の人はいわゆるお金を貯めるのがとても大好きです。趣味の一つに加えても良い位に大好きです。

それと、人を見下すところがあるし、頭を下げるのは嫌いです。人見知りをするのでしょう。わがままなところがあって、人によっては友達付き合いは良くありません。冷静な目で見つめて他人を評しますが、自分の事は言わないので冷たい人に思われがちです。

目上の人や上司の言う事はとてもよく聞いて動くのでとても信用されます。実際、会社や家のためによく働きますから、この宿の人は人によって応待の仕方を色々と区別できるのです。

婁宿の気をつけたい病気と病床

腎型の病気、尿道結石、膀胱炎や水毒の病気などに注意してください。体質は虚弱体質なのですが、医薬、手当に詳しいので自分で養生するのが上手です。病院や医者、薬局などが好きでよく通います。自分で養生するのが得意なので良いのですが、しっかりと医者に見てもらいましょう。

婁宿の開運方法とは?

人を見下すのと批判する癖をやめると、新しい人間関係が生じて吉運となります。むしろ人のトップに立たない方が運勢は開けていきます。

できれば自分と相性の良い宿星の人を配偶者に選ぶと、とても長生きをすることができます。何かと災害にあいやすいので、車の運転にはくれぐれも気をつけてください。

まだ、あまり知られていない占い方法があるのですが…


そんな無料レポート『占いで〇〇判断法』を受け取って下さい!



『占いで〇〇判断法』
お名前  *
 (必須)
メールアドレス  *
 (必須)



関連記事

  1. 宿曜占星術の27宿「柳宿」の人生、性格とは?
  2. 宿曜占星術の27宿「畢宿」の人生、性格とは?
  3. 宿曜占星術の27宿「星宿」の人生、性格とは?
  4. 宿曜占星術の27宿「翼宿」の人生、性格とは?
  5. 宿曜占星術の27宿「角宿」の人生、性格とは?
  6. 宿曜占星術の27宿「室宿」の人生、性格とは?
  7. 宿曜占星術の27宿「虚宿」の人生、性格とは?
  8. 宿曜占星術の27宿「張宿」の人生、性格とは?

ピックアップ記事

PAGE TOP