四柱推命

四柱推命それぞれ10種類の星の特徴。劫財星の特徴とは?

四柱推命には、それぞれ10種類の運命の星があります。その1つの星である「劫財星」。

劫財星は、日干と兄弟干となり、兄弟姉妹(義兄弟を含む)友人を表します。また、財を破る力が強いため、破財の意味があります。

身弱の命式で財星(正財星や偏財星)が多すぎる場合には、かえって劫財星が助けとなります。多すぎる財星を制して弱すぎる自分自身(身弱)を助けるからです。

身旺の命式では、劫財星があることが強すぎることとなり、金銭面でのトラブルを生じたり家庭運を悪化させたりします。特に男性は、妻を剋すこととなり、妻縁が薄くなる傾向があります。

そんな四柱推命の星の1つである劫財星の運命、仕事運や恋愛運などというのをこれから見ていきましょう。

四柱推命、年柱に劫財星

長子であっても祖先の恩恵が薄く、親の後は継がない傾向があります。また、親に苦労させられる傾向もあります。生家が富裕であれば親の財を失う暗示があり、事業を興してもうまくいかずに借金経営となってしまう傾向が強いです。また、男性は配偶者との生、または死別の可能性があります。

四柱推命、月柱天干に劫財星

生家とは疎遠となりやすく、養子となることもあります。兄弟の世話や友人との交際で出費の多い傾向があり、また、配偶者との不和も生じがちです。

四柱推命、日柱蔵干に劫財星

配偶者を表す日柱蔵干に劫財星があると、配偶者は家庭的なタイプでなく家庭より外の付き合いを大切にする社交家となります。比肩星と同様に夫婦仲にトラブルを生じがちで、苦労が多い傾向があります。特に、身旺の人はその傾向が強まりますので注意が必要です。

四柱推命、時柱に劫財星

兄弟に金銭面での損失を与えたり、与えられたりすることがあり、子供のことでも散在が多くなりがちです。特に、晩年に至っては金銭を失う暗示があります。若いうちから蓄財法を研究する必要が出てくることでしょう。また、他柱にも自星(比肩星、劫財星)が多いと晩年になって夫婦の離別を味わうことがあります。

四柱推命、元命(月柱蔵干)が劫財星

比肩星と同様に意思が強く、自我も相当強いのですが、その表し方は一方的ではなく、とてもソフトな印象を与えます。

相手次第で対応を変化させる方法を心得ており、巧みに対応しますが、内心では決して人の言うことを聞かず、相手が弱いと見れば強引に自己の主張を押し通す駆け引き上手でもあります。

したがって人との交渉も上手で、自分の思うように人を動かす政治力を持っていますが、外面が良い反面、内面の悪いところがあります。そのため社会からの評価が高ければ高いほど、家庭内での評価が低い傾向があります。男性は特にその傾向があり、女性も外交的で家庭に収まるタイプではありません。

四柱推命、劫財星の仕事運

人に使われる仕事よりは、独立自営の仕事や、組織に縛られない自由様に向いていますが、共同事業は避けた方が無難でしょう。うまくいかない傾向がとても強いです。芸術家、技術者、不動産業者、仲介業等が適職として向いています。

四柱推命、劫財星の金銭運

この星は、何かと散財が多く、金運にはあまりツキの無い生まれです。蓄財方法は、金銭での貯蓄より、不動産などの所有を心がけると良いでしょう。

命式中に比肩星、劫財星が多いと、特に散財傾向が強く、収入があっても支出が上回ることが多くなります。さらに羊刃も持っている人は、正官星か偏官星が命式中になければ、お金の苦労が絶えません。一攫千金を狙いがちですが、ギャンブルや投機などに走らず、堅実で確実な蓄財を心がける必要があります。

四柱推命、元命と月柱天干運命星との組み合わせによる暗示「劫財星」編

【比肩星とともにある場合】

〈性格面〉

とても気性が激しく頑固なタイプです。自説に固執して人の意見に耳を貸さない傾向が強いため、友人や兄弟とのトラブルが多くなりがちです。負けず嫌いの頑張り屋なのですが、強引に物事を押し通そうとし過ぎると、人から恨まれたり、または陥れられたりすることにもつながりますので、細心の注意が必要です。

〈仕事面〉

人とのトラブルを起こしやすいため、個人でできる仕事や、技術を生かす仕事がとても合っているでしょう。それらの仕事では物凄く実力を発揮します。女性も才能を生かせる仕事に就くとよいでしょう。

〈金銭面〉

金銭には、あまり執着心がないため、支出が多くなる傾向があります。また、金銭がらみのトラブルには十分な注意が必要になります。

劫財星とともにある場合】

〈性格面〉

ソフトで柔和な印象がありますが、自我がとても強く、妥協性に乏しい面を持っています。物事をクールに割り切るタイプですが、不安定な運気を持ち、職業や金銭面に不安がつきまといます。命式中に官星(正官星か偏官星)がないとその傾向が強まり、何かとトラブルを生じがちになります。

〈仕事面〉

転職、転業が多くなりやすく、1つのことに専心努力しなければなかなか思うような展開にはなりません。また、本業以外のものに手出しをすると失敗の憂き目を見ます。1つの事業、仕事に努力していきましょう。

〈金銭面〉

金銭トラブルに注意です。個人同士の金銭貸借やカードローンなどの使用は、自分自身の首をしめる危険性がありますので避けるようにしてください。

食神星とともにある場合】

〈性格面〉

食神星の持つ温厚さや温和さが加わり、とても強烈な個性がやわらいで福分が備わります。物事に打ち込むと寝食を忘れて熱中するタイプともいえるでしょう。確実な成功を手に入れることができるタイプです。

〈仕事面〉

仕事をとても楽しむタイプで、出世運に恵まれています。自分自身のやりたい仕事に就けば、どのような職業であってもその実力を思う存分発揮し、物凄く発達します。特に、趣味を生かした仕事をすれば、大いに成功することが可能です。

〈金銭面〉

金運には恵まれた生まれです。金銭貯蓄より、不動産などの投資物件を所有するほうが大きな財を形成するでしょう。

傷官星とともにある場合】

〈性格面〉

強烈な個性の持ち主で、プライドがとても高いため対人面に難を生じがちです。面倒見は良いのですが、自己本位となりがちなところがありますので、相手に尽くすわりには見返りは少ないでしょう。

〈仕事面〉

芸術、技術関係の職業が向いています。組織内では、下積みの苦労がかなり多く、不満が生じがちです。

〈金銭面〉

見栄や体裁からの出費が多く、不安定となりがちです。無駄を省いて計画財政を心がけることが必要です。できる限りの蓄財に励むことが望まれます。

偏財星とともにある場合】

〈性格面〉

人あたりのよい雰囲気とは裏腹に、頑固で言い出したらきかない強情さを内面に秘めています。また、金銭面にトラブルを生じやすい傾向があります。男性は、女性とのトラブルにも細心の注意が必要です。

〈仕事面〉

自営業や自由業に適しており、組織の中では出世が遅くなる傾向があります。また、金銭に関したことで積み上げてきた信用を失うような場合があります。

〈金銭面〉

金銭の出入りが激しく、収入が支出に追いつかないため、やりくりに苦労してしまいます。一見、豊かそうに見えても内実は不安定な要素が多く、蓄財を工夫する必要があります。

正財星とともにある場合】

〈性格面〉

向上心に富み、がむしゃらに頑張るタイプですが、金銭トラブルを生じやすい傾向があります。他人からの損害を被りやすく、人との金銭貸借には十分な注意が必要です。

〈仕事面〉

商売は苦労が多くなってしまいます。金銭面での悩みがつきまといます。どちらかといえば、組織の中で頑張るほうが無難でしょう。

〈金銭面〉

裕福そうに見えても、内情は火の車であることが多いようです。また、人にだまされたりして財産を失ってしまう恐れがありますので、十分注意してください。

偏官星とともにある場合】

〈性格面〉

外面はソフトで柔和な印象がありますが、なかなか闘争心が強く、内面には自我の強さと激しさを秘めています。また、同じようなことを繰り返す暗示があり、回り道の多い人生を歩みがちです。

〈仕事面〉

出世運にはあまり恵まれるほうではなく、組織の中では、かなりの努力が強いられます。自由な立場で活躍できる仕事や、個人でできる仕事のほうがいいでしょう。

〈金銭面〉

金銭の損失が多い暗示があり、思わぬところで浪費をしがちです。金銭管理はルーズにしないことが大切でしょう。

とともにある場合】

〈性格面〉

ソフトで温和な雰囲気を持っていますが、なかなかの野心家でプライドが高く、我の強さを内面に秘めています。目上の人とのトラブルには十分な注意が必要です。

〈仕事面〉

上役と合わないことが多く、サラリーマンは転職を余儀なくされることがあります。やはり独立起業や、自営業の仕事のほうがよいでしょう。

〈金銭面〉

仕事運の上昇にともない、金銭運も安定してきますが、義理がらみの出費が多くなりやすいようです。

偏印星とともにある場合】

〈性格面〉

とても個性が強く、多少の無理も押し通そうとしますので、人から非難を受けやすくなります。思い通りにならないと自暴自棄になり、破滅へと向かうことがあります。

〈仕事面〉

仕事に迷いが出やすく、腰が落ち着かない傾向がありますが、芸能関係、技術関係など特殊な才能を必要とする職業では、個性が生かされ、成功することが多いようです。

〈金銭面〉

仕事にかかわる出費が多く、特に副業は、収入より支出が多くなる傾向があります。十分に注意が必要になってきます。

印綬星とともにある場合】

〈性格面〉

頭がよく、プライドの高いタイプです。理屈屋で少々わがままな性格なので、自分の思い通りにしないと気がすまない性格をしています。言動にはよく注意しないとつまらないことでつまずく可能性もあります。

〈仕事面〉

目上の引き立てもあり、順調に出世コースを進んでいきますが、不用意な言動が原因で仕事を棒にふることもありますので注意しましょう。

〈金銭面〉

世話事などで出費がかさむ傾向があります。連帯保証人などは、たとえ親しい間柄であっても断るほうが安全でしょう。

四柱推命、恋愛・配偶者運「劫財星」編

情熱的で、周りが見えなくなるような恋愛になりやすく、幸せを得る事が少ない傾向があります。特に女性はよほど冷静に相手を見ないと、後悔することが多くなります。また、傷官星とともにあると色情のスキャンダルで身を誤ることがありますので、男女共に注意が必要です。

男性は、財星(偏財星もしくは正財星)とともにある場合は、女性のことで悩みが多く、特に偏財星とともにある場合には要注意で、トラブルが生じないよう心すべきです。また、偏印星とともにある場合も同じです。

女性は、男性に苦労する傾向があり食神星や傷官星、偏官星とともにあると、再婚することがあります。また、偏財星とともにある場合は、男性に貢ぐ傾向があります。自星(比肩星、劫財星)や印星(偏印星、印綬星)とともにある場合も、よほど自分を抑えなければ、結婚後もトラブルはまぬかれず、波乱が多くなってしまいます。

自分にとってどのようなタイプの配偶者に縁があるのがというのは、日柱蔵干の運命星で判断します。また、日柱の十二支と月柱の十二支の沖や刑、支合も配偶者運を見る上で重要なポイントとなります。

日柱と月柱が沖や刑(沖の方が暗示が強い)であれば、夫婦の絆がもろく、何かの折には簡単に絆が切れてしまうことがあります。

日柱と月柱が支合であれば、夫婦の絆が強く、仮に別れたいと思っても、なかなか絆が切れずに別れられないことが多いようです。

【日柱蔵干が比肩星や劫財星の場合】

同じようなタイプの配偶者と縁があります。しかし、夫婦仲はよいとはいえません。特に劫財星の場合はその傾向が強く、あなたもわがままを抑える必要があります。

【日柱蔵干が食神星の場合】

淡泊であっさりしたタイプの配偶者と縁があります。夫婦仲はあなたの努力、頑張り次第となります。

【日柱蔵干が傷官星の場合】

自分の思うような相手ではなく、口の悪い配偶者に苛立ちます。やさしい心配りとともに、喧嘩腰にならないように注意が必要になってきます。

【日柱蔵干が偏財星や正財星の場合】

自分とはソリが合わず、夫婦仲はよくありません。相手に対して思いやりを持たないと、波乱がとても多くなってしまいます。

【日柱蔵干が偏官星の場合】

活発で行動派ですが、とても短気な相手です。言い争いには十分に気をつけたいところです。

【日柱蔵干が正官星の場合】

真面目でプライドの高い相手です。あなたがやさしい思いやりを持てば、夫婦仲は安泰です。頑張りましょう。

【日柱蔵干が偏印星や印綬星の場合】

あなたのわがままからトラブルが生じるおそれがあります。特に偏印星の場合は、つまらないことでトラブルが生じ、別離へと発展することがありますので用心すべきです。

簡単LINE登録で【限定ハッピー占いコンテンツ】無料ゲット!

友だち追加

数量限定!無料プレゼント中です。


もっと運勢を良くする『占いで〇〇判断法』を手に入れて下さい。



『占いで〇〇判断法』
お名前  *
 (必須)
メールアドレス  *
 (必須)



関連記事

  1. 四柱推命の十二運星の一つ「絶」その性格とは?
  2. 【四柱推命 大運 地支】その吉凶を、十二運星、長生・沐浴・冠帯・…
  3. 四柱推命それぞれ10種類の星の特徴。食神星の特徴とは?
  4. 四柱推命それぞれ10種類の星の特徴。「印綬星」の性格、恋愛、相性…
  5. 四柱推命の基本原理とは?陰と陽について。また五行や相生・相剋につ…
  6. 四柱推命の十二運星の一つ「帝旺」その性格とは?
  7. 四柱推命の十二運星の一つ「胎」その性格とは?
  8. 【四柱推命、運命星の判断】それぞれの運命星や中心星、宿命星の出し…

ピックアップ記事

PAGE TOP