九星気学

一白水星の性格は冷たい?方位やその他の九星気学との相性や運勢

九星気学の星の1つである一白水星にも、備わった運勢と言うものがあります。

その人それぞれに備わった性格や運命には「先天的」なものと誕生してから環境などによって培われていく「後天的」なものがあります。例えば、同年、同日生まれの人であっても一概にこうだと決め付けられるようなわけにはいきません。

しかし何と言っても、先天的なものと言えばあくまでもその人の自身の「骨子」であり「根幹」をなすものです。まずはこれを知っておかないと気学の運用が自由自在と言うわけにはいかないのです。

ですので、これからお伝えする「性格」や「運命」は、あくまでも「先天的」なものとして率直に覚えていくのが良いのです。

一白水星にも先天的な性格や運命があります。冷たい性格などと言われている一白水星ですが、果たしてそうなのでしょうか?

それでは、一白水星の先天的な性格や運命について見ていきましょう。

九星気学 「本命」一白水星の人の性格とは。冷たいのか?

この星の生まれの人は、表面きわめて柔和です。人とよく親しみ和むという美点をもっているのが特徴です。そして比較的素朴で童心なところがあります。純真一途な性質ですから、他人からも親愛されます。

また、物事を創始していこうとする意欲を常にもち、企画性や創造力に富むばかりではなく、記憶力もそして根気の強さも抜群のものをもっています。さらに、どんな環境にもとてもよく適合し、苦労も苦とせずに乗り切ってしまうという芯の強い特性をもっています。

しかし、研究心旺盛なところはとてもよいとしても、思索・思案的傾向が強く、自分の主義主張を堅持しすぎるきらいがあり、他人の忠告や意見には容易に従わないところもあります。そのため柔和な反面に強情とみられるところもあります。特に上長や目上に対する批判や反発心は強烈で、たまたま自分の意に適った上司にめぐり合った場合は忠実であり、その業務の定着を見ることができますが、大体は職業や住居に変動の多い傾向となってしまいます。

また、この一白水星としての生まれの特徴としては、万事に凝性で心中常に気ぜわしく、しかも秘密的でありますから、ひとり没頭してしまうことも多くあり、精神的には孤独の傾向であると言えるでしょう。

ですので、決してその性格が冷たいということはありません。強情な部分や反発心から冷たいと見えるのであって、一白水星の性格そのものは冷たくないので安心してください。

九星気学 「本命」一白水星の人の運命

この星の生まれの人は、親との縁に薄いとか、あるいは幼少期から家庭的に恵まれていないとかで、初年期から心労・困難が多い傾向があります。

好運期は「中年期」でありますが、数え年、43歳から46歳を最好機とします。他にも数え年で32歳から37歳にかけて好運の機会があります。

また、52歳から55歳にかけても幸運期が訪れてきます。したがって初年・晩年期はあまり恵まれないという傾向がありますから、55歳以後はそれまでに蓄積した余勢で無事に暮らすという心がけを若い時から計画をしていくことが大切と言えるでしょう。

特に一生を通じて一攫千金とか、棚からぼた餅的な財運はありません。収入の面ではとかく困難や苦しみが伴いやすくなってしまうと言うのが、この一白水星の特徴です。

また、中年期に相当大きな財をなす人と、貧乏に明け暮れる人の差異があるのは、何といっても貯蓄心の有無に原因があります。他にも酒色のために浪費するか如何かにあるようです。

この一白水星の人の金運は水の流れにとても似て、入ってきても出ていってしまうという具合です。それでいて途切れることもありません。つぎつぎに流れ込んできますから、つい無駄な浪費を重ねてしまい後で苦しむということが多くなってしまいます。

特に中年期における異性関係の深入りは、運命阻止の後遺症となるばかりではありません。信用を失って出世のさまたげになることが多いので注意しなければいけません。

一白水星の象徴

一白水星の正位は、正北方三十度間とし、十干では「壬・癸」、十二支では「子」にあたります。易象は水に相当します。

時刻は午前十一時から午前一時までの一刻(子の刻)とし、季節では十二月上旬の「大雪」から一月上旬の「小寒」に至る一ヶ月間で、陰気の極まる「冬至」を経ることと、水の低きに流れるという意から「最低」を意味しています。部下、目下、大衆、下層下級とします。

そして土地は低地、物品では下級品としますが、「冬至」は陰の極であると同時に陽気が兆し、夜の太陽は子の刻、正北方の陰極に降れば、それから東北に向かって昇り始めるので、陰中に陽を含むとし、物価は底を突いて再び上昇に転ずる象となります。

一白水星の人の方位

それぞれの九星には方位があります。

その方位によって運勢が決まってくるようです。

それでは、一白水星の方位を見ていきましょう。

「東の方位の一白」

一白が東方に回座した場合は、五黄が西に回座しますので、暗剣殺になります。そのため誰もがこの方位を用いるべきではありません。しいて冒してしまいますと、破壊現象が作動してしまいます。その結果、隠していた秘密があばかれてしまうとか、部下や交友関係の方達との離反、商売上の破綻、または盗難などに遭う可能性がとても高いです。他にも失恋、家庭の不和などを引き起こしてしまったりします。病気や交通事故で肉体的にも苦痛をなめてしまうような凶事に見舞われてしまう可能性が高いです。

「東南の方位の一白」

一白が東南に回座した場合は、四録・六白・七赤の人には吉方となりますが、三碧は相生でも「本命的殺」の凶方に当たります。この方位を吉方とする人が用いますと、良縁に恵まれるとか、信用が高まって商談がとても有利に進行したりします。無から有を生ずるという意もありますので、原稿が売れてしまうとか、著書がベストセラーになるというようなこともあるようです。そのような思いがけぬ大金を掴むチャンスもあるようです。しかし、凶方となっている人がこれを冒してしまえば、遊蕩に大金を浪費した挙句、悪質の性病に感染してしまい苦しんでしまったり、ひどい目にあってしまったりしてしまいます。

「南の方位の一白」

一白が南方に回座したときは、「定位対沖」でだれしもが凶方位となってしまいます。ですから、慎んで冒さざる心構えが肝要になってきます。無理に冒せば燃え盛っている火に水を注ぐ意となってしまい、親しい人と離反してしまったり、離婚問題が起こってしまったりしてしまいます。あるいは手形や証書、印鑑の間違いが起こってしまったり、心臓疾患や眼疾に悩まされてしまったりなど、火難に遭ったりする恐れがありますので十分に注意してください。

「南西の方位の一白」

一白が南西に回座したときには、三碧・四録・六白・七赤が相生の星となりますが、七赤だけは「本命的殺」で凶方に当たってしまいます。ところで、この方位を吉方として、独立・開業・拡張などに用いますと、物・心ともに充実を見て、発展・繁栄の一途をたどることになるでしょう。そして、健康にも恵まれます。しかし、凶方に当たる人が用いますと、物事の運びに支障が生じてしまい、欠損が多くなってしまったり、怪我や病気で苦しむことになったりしてしまいます。

「西の方位の一白」

一白が西方に回座しますと、三碧・四録・七赤の人には吉方となりますが、六白は相生の星でも「本命的殺」で吉方として用いることができません。この方位を吉方として用いてしまいますと、まず何よりも金運に恵まれ、恋愛運も好調になります。そのため一見、順調に見えるのですが、凶方に当たる人がしいてこれを冒してしまいますと、色情問題のもつれから巨額の金を失ってしまうとか、ギャンブルの深い闇に引きずり込まれてしまったり、怪我をしてしまったり、取り返しのつかない家庭の悲劇を醸したりしてしまいます。また、呼吸器系や消化器系の疾患で苦しんでしまったりする恐れがありますので、十分注意をして下さい。

「西北の方位の一白」

一白が西北に回座しますと、三碧・四録・六白・七赤の人の吉方に当たります。この吉方を用いますと、政界や財界にとても有力なコネクションがついたり、援助をしてもらうことができたりします。そのため前途が有望になるとか、サラリーマンなどは上司に気に入られて昇進や栄転のチャンスに恵まれたりと幸運を得ることができます。しかし、凶方として冒した場合は、とくに私的よりも公事に障害が横たわります。何事も思惑外れになるだけではなく、失敗や失脚の悲運を招いてしまうこともあります。他にも交通事故に遭ってしまうとか、呼吸器系などの疾患で苦しんでしまうようになってしまったりもしてしまいます。

「北の方位の一白」

一白が北に回座しますと、三碧・四録・六白・七赤の人の吉方となります。吉方に当たる人がこの方位を用いますと、思索や思考力が発達します。発達した影響から学問や研究、執筆活動などが思うようにはかどっていきます。また、いままで下積みで苦労の多かったような人は、ふとしたきっかけで力ある人に見出され、これがきっかけで人気が出たりもします。そしてその影響から地位が上がったり、成功の機会に恵まれたりします。しかし、凶方ともなってしまえば、反対に人の術策に踊らされてしまい損をしてしまうこともあります。金運に見放されて貧乏になってしまうとか、あるいは仕事や住居に定着性を失ってしまって流浪するようになってしまったりします。この方位を冒した場合は、とくに病難に注意が必要になってきます。

「東北の方位の一白」

一白が東北に回座しますと、三碧・六白・七赤の人には吉方となります。四録は相生でも本命的殺で凶方に当たってしまいます。吉方に当たる人がこの方位を活用しますと、組織替えや転業などがとても上手くいきます。頼りになる後継者を得ることができたり、安心した相続の喜びを得ることもできます。しかし、凶方として冒しますと、土地や家を失ってしまったり、親族問題や家庭内にトラブルが続出してしまったりしてしまいます。普段の何気ない日常で怪我をしてしまったり、脊髄や足腰、関節の病気や胃腸の病気になどに苦しんでしまったりしますので、注意が必要になってきます。

一白水星と他の九星の相性

それぞれの九星にも相性の良い星もあれば、当然ですが相性の悪い星もあります。

九星気学において星どおしの相性が良いとされることを、相生(そうしょう)と呼びます。

そして相生の関係には、生気(せいき)退気(たいき)という2種類があります。

生気の関係というのは、あなた自身が相手から良い影響を受けることをいいます。あなた自身にとって最高に相性の良い関係ということになります。

一白水星と相性に良い生気の関係の九星は、六白金星と七赤金星です。

逆に退気の関係というのは、あなた自身が犠牲になって相手に良い影響を与えることをいいます。この退気の関係の場合は、相手にとってあなた自身が最高の相手、最高に相性が良い関係ということになります。

一白水星のあなたが相手に良い影響を与える退気の関係は、三碧木星と七赤金星です

そして逆に一白水星にとって相性の悪い九星は、二黒土星、五黄土星、八白土星、九紫火星の4つになります。

九星気学において星どおしの相性が悪いとされることを、相剋(そうこく)と呼びます。

そして相克の関係にも、殺気(さっき)死気(しき)という2種類があります。

殺気の関係というのは、あなた自身が相手から悪い影響を受けることをいいます。あなた自身にとって、もっとも相性の悪い相手になるということです。

一白水星と相性の悪い殺気の関係の九星は、二黒土星と五黄土星と八白土星です。

逆に死気の関係というのは、あなた自身が相手に悪い影響を与えることをいいます。この死気の関係の場合は、相手があなたからの影響によって苦しんで、物事が上手くいかなくなってしまうことでしょう。

一白水星のあなたが相手に悪い影響を与える死気の関係は、九紫火星です。

それでは、もう少し詳しく一白水星とそれぞれの九星同士の相性を見ていきましょう。

一白水星と二黒土星の相性

一白水星と二黒土星の相性は、とても良くありません。九星気学では、相剋である殺気の関係になります。その文字のごとく、二黒土星の土の要素が、一白水星の水の勢いを止めてしまう関係になります。二黒土星は一白水星の良い部分を奪いさって行ってしまいます。

とても社交的な一白水星とは反対に、二黒土星は社交的ではなく人間関係も不器用です。性格もまったく逆のものを持っています。一白水星は、話上手で世の中を上手く渡っていきますが、二黒土星は話も上手くなく、嘘が嫌いな真面目で裏表のない性格をしています。本当に真逆の性格をしているので、やはり相性は良くありません。

しかし、お互いに真逆な性格をしているせいか、その部分に惹かれあうこともあるでしょう。

恋愛や結婚などでも、まったく相性が良いとは言えません。ですので、お互いに良い距離感を保ちながら付き合っていくといいでしょう。恋愛や結婚などでは、お互いのことを理解しながらあまり干渉しないのが上手く関係性を保つ秘訣になります。

「一白水星と三碧木星の相性」

準備中

「一白水星と四緑木星の相性」

「一白水星と五黄土星の相性」

「一白水星と六白金星の相性」

「一白水星と七赤金星の相性」

「一白水星と八白土星の相性」

「一白水星と九紫火星の相性」

簡単LINE登録で【限定ハッピー占いコンテンツ】無料ゲット!

友だち追加

数量限定!無料プレゼント中です。


もっと運勢を良くする『占いで〇〇判断法』を手に入れて下さい。



『占いで〇〇判断法』
お名前  *
 (必須)
メールアドレス  *
 (必須)



関連記事

  1. 九星気学 九紫火星 の性格とは?
  2. 九星気学 三碧木星 の性格とは?
  3. 九星気学 二黒土星 の性格とは?
  4. 九星気学 一白水星 の性格とは?
  5. 九星気学 六白金星 の性格とは?
  6. 九星気学 七赤金星 の性格とは?
  7. 九星気学 四緑木星 の性格とは?
  8. 九星気学 八白土星 の性格とは?

ピックアップ記事

PAGE TOP