占いの種類・特徴・一覧

占いの種類は4タイプ!命・相・朴・霊の4種類。

この世の中に、ひとくちに「占い」と言っても、世の中には様々な種類の占いがあります。どのような占いが自分自身にあっているのかを探すのはとても困難なことです。

しかし、実は大別すると4タイプに占い方法、占術を分けることが出来るのです。その4タイプの占い方法について説明をしていこうと思います。ぜひ、あなた自身にあった占い方法を見つけて、今後の人生の指針としていただければ幸いです。

占いというのは、「占う道具・方法」を基準にして、「命・相・朴・霊」の4タイプに分けることが出来ます。

「命(めい)」・・・生年月日を使って占います。
「相(そう)」・・・手相や姓名判断などのあなたの見た目を使って占います。
「朴(ぼく)」・・・タロットや易などの道具を使って占います。
「霊(れい)」・・・霊的能力を使って占います。

 

命占い

代表的な占術方法としては、西洋占星術(12星座)・四柱推命・九星気学・六星占術・0学占いなどがあります。メリットとしては、長期的な視野で占うことが出来ることと、理屈で理解できること、細かく自分自身の適性や才能を知ることが出来ることなどがあります。また、異性との相性を占うことが出来るのも特徴です。デメリットとしては、占い方法としての金額の相場が高めだと言うのが玉に瑕です。おおよそ1時間で10000円くらいかかってしまう場合が多いです。命占いをオススメしたい方は、自分自身の生き方を考えたい人や理屈で理解したい人。または、自分自身がどのような人間なのか興味がある人などにオススメの占い方法です。

西洋占星術(12星座)

雑誌やテレビ番組などでも取り上げられて、一番ポピュラーな占いですよね。【個人の適性・性格】を知ることが出来る点が一番の強みだと思います。逆に<時系列での運勢や吉凶を占う>のは少し苦手だと思います。

四柱推命

東洋の占いで「帝王の運命学」と呼ばれています。強みは、的中率がトップクラスで高いこと、運勢の吉凶が時系列でわかりやすいこと。つまり人生のプランを立てることが出来ます。【個人の性格】もモチロン観ることが出来るのですが、西洋占星術の方が細かさでは上位だと思います。

九星気学

九星気学は方位が強みです。運勢や性格も占いますが大雑把な見方なので、的中精度は西洋占星術や四柱推命には劣る場合が多いです。

六星占術・0学占い

六星占術は細木数子さんが四柱推命などの占術を元に開発された占いです。0学占いは西洋占星術や四柱推命など多数の占術を組み合わせて開発された占いです。どちらも比較的、歴史の浅い占いとなります。

 

相占い

代表的な占術方法として手相・風水・姓名判断などがあります。メリットとしては手軽に占うことができるのが特徴です。また、デメリットとしては、情報量が少ないです。どのような方々にお勧めした以下と言いますますと、手軽にパパッと占って欲しい人に剥いている占い方法だと言えます。

手相

手のひらのしわや厚さなどを見て占います。性格や才能を占うことができます。

風水

家相という、家具の配置や出入口・窓の配置などを見て占います。引っ越しやリフォームなどのタイミングで役に立ちます。

姓名判断

名前の画数で吉凶を判断します。お子様に名前を付ける時や、芸名などを考えるときに役立ちます。

 

朴占い

代表的な占術方法としては、タロット・断易・おみくじなどがあります。メリットとしては、今現在に目の前にある問題解決が出来るのが特徴の占い方法です。また反対にデメリットとしては、長期的な視野で占うことがとても難しく理屈で理解できない場合が多いでしょう。この様な方々にオススメの占い方法です。今現在の自分自身の目の前に、自分ではとても解決できない問題があり、アドバイスが欲しい人にはとても剥いている占い方法です。

タロット占い

タロットカードという道具を使って占います。目の前の問題に対して、出てきたカードと術者の経験を元に占います。コールドリーディングなどの心理的なテクニックを使ってくる占い師には要注意。

 

霊占い

代表的な占術方法としては、スピリチュアル・チャネリング・前世占いなどがあります。大きなメリットとしては、神秘的な体験が出来るなどがあります。普段の自分自身の生活の中でコントロールできないのが、精神浪
【デメリット】本物と偽物の判断が難しい
【こんな人にオススメ】神秘的なことが好きな人

関連記事

  1. 占い 種類 特徴 一覧 あなたにあった当たる占い方法とは?
  2. 恋愛占い 片思い 相性 タロット 生年月日 名前 当たる?

ピックアップ記事

PAGE TOP