四柱推命

四柱推命の十二運星の一つ「建禄」その性格とは?

四柱推命の十二運星の一つに建禄があります。

四柱推命の中でも需要な十二運星。それぞれに性格や意味があるわけです。

建禄の持つ意味としては、国を引き継ぐものなどの意味を持っています。引き継ぐということから、物事の継承を意味し発展させる、または家庭を安定させ築いていくという意味を持っています。

そんな十二運星の「建禄」の性格や意味を見ていきましょう。

日干から求める十二運星の「建禄」

日干から求める場合ですと、年柱・月柱・日柱・時柱と四つのものから求めて行きます。

十二運星の長生もそれぞれの日干からみて全く違うそれぞれの性格や意味を持っています。

建禄が年柱にある場合

親の恩恵のとても厚い生まれです。親の愛に恵まれ育まれ、守られて成長していきますが、わがままにならず、しっかりと早い段階から目標を定めて前進していきます。建禄が他柱にもある場合は、特殊技術を生かす分野で力を発揮します。特に、薬学、化学分野では発展する暗示があります。

建禄が月柱にある場合

中年運が隆盛で、思う存分力を発揮して活躍できる時期となります。その恩恵もあって生活も安定します。生家を離れて、独力で成功を勝ち取っていく人も大勢います。

建禄が日柱にある場合

真面目な堅実派でかなりの努力家です。地道に基礎を固めていき運を切り開いていきます。一生のうち、前半が幸運ならば後半が衰退し、逆に前半が不遇ならば後半が幸運という運気を持っています。また、結婚は晩婚のほうが安定するでしょう。女性は我の強いところがあります。そのため夫を凌ぐ傾向があります。

建禄が時柱にある場合

気力、体力ともにとても恵まれています。そのため安定感のある老後を過ごせることができます。子供も発展しその恩恵もあり、精神的にもゆとりのある生活を営むことができるでしょう。

運命星につく「建禄」

四柱推命それぞれ十の運命星につく場合の「建禄」自身の運勢を見ていきましょう。

十二運星と十の運命星が合わさるとどの様な形をあらわしていくのでしょうか?

比肩星と建禄

努力家で、自力で道を切り開いていく力があります。兄弟は力があり、安定した生活を営みます。

劫財星と建禄

総領に生まれても相続はせず、独立する暗示があります。そのため仕事も独立、自営を目指す傾向があるようです。運勢に浮き沈みがあり、女性は再婚する傾向があります。

食神星と建禄

資産家の生まれで、衣食住にとても恵まれています。女性は、よい子供に恵まれることでしょう。平穏で安泰な生活を営める福分を持っています。

傷官星と建禄

芸術方面での発展がありますが、傷官星の凶意も強く、女性は夫運が悪い暗示があります。特に正官星が命式中にあるとその傾向が強まりますので注意して下さい。

偏財星と建禄

父親に力があります。家運隆盛の生まれが多いようです。また、本人も発展できる運を備えています。男女ともによい相手に巡り会える暗示があります。

正財星と建禄

資産家の生まれが多い傾向があります。その場合は、発展運を受け継ぎます。男性は、内助の功のある良妻に恵まれることでしょう。

偏官星と建禄

家運の盛んなときの生まれです。指導者として活躍できる資質を持っています。女性は、夫縁は悪くはありませんが、再縁の暗示があります。

正官星と建禄

名家に生まれ、祖先の徳を受け継ぐことが多くあるようです。不運や困難にあっても挽回する力を持っています。そのため不運や困難を乗り越えたときに大きな成功を勝ち取る可能性を持っています。

偏印星と建禄

父親とは縁が薄いです。そのため家運が傾き始めた頃の生まれが多いです。芸術、学術方面でとても発展する暗示を持っています。女性は、子供縁が薄い傾向があります。

印綬星と建禄

立派な親の下に生まれてきます。そして多くの慈愛を受けて育ちます。頭脳明晰な人が多く、とても幸運に恵まれて生きて行きます。

建禄を動物占いで表すと…?

建禄を動物占いで表すと、「ライオン」になります。

動物占いでライオンに表すことが出来る建禄は、壮年期を迎えた大人の精神性を備えています。人としての考え方はとても堅実です。完璧や完全を求めていく傾向がありますので、人にも自分のも厳しくなりがちになってしまいます。

周りのこと、世間帯を気にして生活していく気持ちが強いため、周りの人達に認めてもらいたい思いで頑張る傾向が強いようです。少し方の力を抜いて生きていくことがいいでしょう。

建禄の主な性格とは

建禄の主な性格としては、慎重で用心深いところです。ですがその反面、力強く前へ前へ行こうとする行動力を持っています。

そのためか、現実的な選択をしながら生きて行きます。危険なリスクの伴うような選択はしないのが特徴です。そして責任のある行動で結果を出していきます。経験と知恵を重んじているので、知識を得るための勉強や努力を惜しむこともありません。

しかし、その慎重さからゆえに周りから気が弱い小心者と思われてしまう傾向があります。決してそうではないのですが、誤解されてしまうことが多くあります。ですが、常識からものすごくかけ離れた行動や考え方、そして失敗することがありません。そのため、目上や年長者、会社では上司からとても信頼されやすい性格をしています。会社や部署などのナンバー2や補佐役としてもとても向いています。

慎重で用心深い性格の建禄は、自分自身の経験を優先していきます。決して夢や理想になどに惑わされません。そのためか自己表現は不得手です。得意ではありませんので、プレゼンテーションなどは苦手な傾向があります。

また恋愛などでは、真剣に相手のことを考えれば考えるほど、相手の気持ちが待ちきれなくなってしまうこともあります。しかしそこは堅実に考える建禄です。全てを現実的に考えて息、とても冷静に物事を判断することができます。そんな建禄の性格が安心や信頼に繋がっていき、時間の積み重ねにより長い付き合いができるようになるでしょう。

建禄は、その性格から真面目で安定した道を選びます。自分自身の流れを大事にしますので、周りに調子を合わせることがあまり好きではありません。流行などにも乗らずに、今まで使ったものや古いものを大切に扱います。

建禄の性格は、とても堅実で安定を求める傾向にあるのです。

簡単LINE登録で【限定ハッピー占いコンテンツ】無料ゲット!

友だち追加

数量限定!無料プレゼント中です。


もっと運勢を良くする『占いで〇〇判断法』を手に入れて下さい。



『占いで〇〇判断法』
お名前  *
 (必須)
メールアドレス  *
 (必須)



関連記事

  1. 【四柱推命 大運とは?】大運が変わると人生が変わる?30年毎の人…
  2. 四柱推命 当たる 相性 見方 生年月日 命式 正確 全てが分かる…
  3. 四柱推命それぞれ10種類の星の特徴。「偏官星」の性格、恋愛、相性…
  4. 四柱推命の十二運星の一つ「絶」その性格とは?
  5. 四柱推命それぞれ10種類の星の特徴。「傷官星」の性格、恋愛、相性…
  6. 四柱推命それぞれ10種類の星の特徴。比肩星の特徴とは?
  7. 四柱推命それぞれ10種類の星の特徴。「印綬星」の性格、恋愛、相性…
  8. 四柱推命の十二運星の一つ「墓」その性格とは?

ピックアップ記事

PAGE TOP