四柱推命

【四柱推命 大運 地支】その吉凶を、十二運星で見ていく

四柱推命の大運地支の吉凶を十二運星別に見ていきましょう。

それぞれの状態でどの様な吉凶があるのか分かると、その時期、そしてこれからの人生でどの様に行動をしていったら良いのかがきっと分かるはずです。

大運が長生のときの吉凶は?

運気が好転していきますので、何を始めてもとてもよい時期と言えるでしょう。特に身旺の人にとっては、スムーズに活動できるときとなりますのでチャンスです。この時期に巡って来る運命星が自星であれば、身弱の人にとっても吉作用がとても強くなります。元命にとって凶があれば、吉凶相半することになります。

大運が沐浴のときの吉凶は?

物事に迷いを生じやすいときとなります。変化を求める気持ちが強まる時期となります。職業上の迷いや、住居の変動、そして人間関係の変化が生じやすくなります。とかく無理をすると失敗しやすいときでもありますので、足元を十分に見つめ直してから行動することがとても大切になってきます。また、男女とも色情問題が生じやすくなりますので注意をするべきです。元命にとって吉の運命星が巡っていても油断は禁物です。身弱の人や身旺の人も、元命にとって凶星が巡っていれば要注意です。また、健康にも注意が必要になってきます。

大運が冠帯のときの吉凶は?

幸運期に突入します。何事も順調でスムーズに転回してくことでしょう。仕事の調子もとてもよくいい時期です。サラリーマンであれば昇進したり、商売人であれば成果が得られます。技術や学問では進歩が見られます。かなりいい時期なのではないでしょうか?身旺、身弱ともこの時期はとても良好ですが、特に元命にとって吉の運命星が巡ってくれば、この傾向が強まります。そのため好運期となります。凶星の場合は、やり過ぎによる失敗がありますので注意が必要です。

大運が建禄のときの吉凶は?

運気はとても強く盛大となりますが、特に身旺の人にとっては逆に苦労するときとなります。それ以外の人にとっては、とても順調で何事も上手くいく時期となります。身旺の人で、元命にとって吉星が巡っていれば前五年は比較的順調になります。しかし後五年は失敗や苦労が多くなりますので、特に期を気をつけなければならないでしょう。凶星が巡っていれば、十年間は何事にも慎重さが必要となります。それ以外の人ですと、特に身弱の人は非常な発展期となります。しかし、元命にとって凶星が巡っていれば、無理は禁物です。特に前五年はとても用心したいところです。

大運が帝旺のときの吉凶は?

準備中

簡単LINE登録で【有力コンテンツ】無料ゲット!

友だち追加

期間限定!無料プレゼント中です。


もっと運勢を良くする『占いで〇〇判断法』を手に入れて下さい。



『占いで〇〇判断法』
お名前  *
 (必須)
メールアドレス  *
 (必須)



関連記事

  1. 四柱推命の十二運星の一つ「長生」その性格とは?
  2. 四柱推命それぞれ10種類の星の特徴。「傷官星」の性格、恋愛、相性…
  3. 四柱推命の十二運星の一つ「墓」その性格とは?
  4. 【四柱推命 大運の判断法】変り目や見方の方法とは?
  5. 四柱推命それぞれ10種類の星の特徴。「偏財星」の性格、恋愛、相性…
  6. 四柱推命の十二運星の一つ「衰」その性格とは?
  7. 四柱推命の十二運星の一つ「胎」その性格とは?
  8. 四柱推命それぞれ10種類の星の特徴。「印綬星」の性格、恋愛、相性…

ピックアップ記事

PAGE TOP