四柱推命

【四柱推命、運命星の判断】それぞれの運命星や中心星、宿命星の出し方とは?

四柱推命を使って占いを行う場合にもっとも重要になってくるのが、運命星です。

その運命星を使って判断していくのが四柱推命の占い方法としての特質でもあります。

運命星とは、人それぞれ当然ですが違います。その違いから人それぞれの運命を四柱推命によって占っていくわけです。運命星には、それぞれ十の運命星があり、それぞれに特徴があります。

商売に向いている星もあれば、学問に向いている星もあります。また、自立する事に向いていたり実直で勤勉な星もあったりします。

あなたがどの運命星なのか見ていき、四柱推命でどの様な人生を歩んでいけばより豊かな人生になるのか見ていきましょう。

スポンサードサーチ

四柱推命。運命星の判断 日星の特質。

四柱推命は、日干「日柱天干」がもとになり、日干からそれぞれの運命星が導かれていきます。

運命星の元となる日干が自分自身だとしたら、月柱の蔵干である運命星「元命」が自分を動かす心や力となります。また、ほとんどの人は元命が自分を動かすパワーとなりますが、中には例外もあります。

日干にはそれぞれの特質があり、その特質によってその人の持つ性格の一端をとらえることができます。

「日干が甲の人」

甲は木性であり、直木ですので非常にストレートなタイプになります。融通がきかないところがありますが、とてもさっぱりとした性質を持っているのが特徴です。

「日干が乙の人」

柔木である柔らかさを持つ乙の人は、ソフトで柔軟性に富むタイプです。控えめで目立たないところがありますが、どのような状況にも対応できるしなやかさがあります。

「日干が丙の人」

太陽の明るさや暖かさを持っており、明るいタイプですが火のようにとても激しい一面も持っています。太陽が持っている特質のせいでもあるのですが、人にはあまり憎まれないことが多いようです。

「日干が丁の人」

クールな印象で、あまり目立つタイプではありませんが、内面にはものすごい激しさを秘めています。智謀に優れており、表舞台よりは裏で活躍する傾向があります。また、自分に同調する者には非常に親切なのですが、反発するものに対しては徹底して反撃する特質があります。

「日干が戌の人」

どっしりとした山のようなタイプで、普段は自分から行動起こすことが少なく、派手な動きは感じられません。ですが、何かことがあると見違えるような行動をとります。偏屈ですが、目上に反抗する気概があります。

「日干が己の人」

非常に粘り強く、地道な努力家です。常識的で一般的、平均的なタイプですが、嫉妬心がとても強く人の成功をねたむようなところは気をつけなければならないでしょう。

「日干が庚の人」

精錬が必要な金属の質を持つ庚の人は、人の面倒見が良いのですが、自我を押し通す強引さがあり、とても攻撃的な性格です。若い頃に苦労することが大切で、それが実になるタイプでもあります。

「日干が辛の人」

宝石や貴金属を表す辛ですので、その質を持っていることになります。外見からは強さを感じられませんが、非常にプライドが高いです。頭ごなしに命令や指図をとても嫌います。 また、愛情面に薄い傾向があります。

「日干が壬の人」

流れる川のようにつかみどころのないタイプで、一貫性に欠けるところがあります。とても慈悲深い心を持ち、才智に営んでいるようですが、忍耐力に乏しいところが惜しまれます。

「日干が癸の人」

内面をあまり表さないタイプですが、非常に忍耐力があるのが特徴です。内面に強い気を秘めているので、一旦爆発すると極めて破壊的になる傾向があります。

「月支元命の運命星」

この様にそれぞれの日干の特徴を見てきました。月支元命の運命星が比肩星の場合には、日干と同じ干となるため、日干の特質がそのままその人の性質に表れやすくなります。

頑固さ、生一本さ、自我の強さなど比肩星が持つ意味を日干の特質に加えて判断すると、より詳しくその人の性質を把握することができるでしょう。

月支元命の運命星が比肩星以外の星の場合でも、日干の特質と元命である運命星の持つ意味を加味して判断することができます。

運命星は比肩星・劫財星・食神星・傷官星・偏財星・正財星・偏官星・正官星・偏印星・印綬星の十種類になります。

四柱推命の運命星について。

運命星には、吉の作用のある吉星と凶作用を及ぼす凶星、そして吉凶の問えない星とがあります。

吉星は剋(こく)されたり干合や空亡を嫌いますが、凶星はその反対に剋されたり、干合や空亡されたりすると凶意が抑えられます。

吉星は、食神星・偏財星・正財星・正官星・印綬星となっています。そして凶星は、劫財星・傷官星・偏官星・偏印星となっています。また比肩星については、吉凶の問えない星となっています。

同じ運命星が命式に三つ以上あることを太過(たいか)と言い、その運命星の力がとても強まります。吉星が太過すると凶意が出てきます。

食神星が太過すると傷官星的凶意が表れるという…

正官星が太過すると偏官星的凶意が表れるという…

印綬星が太過すると偏印星的凶意が表れるという…

四柱推命ではその様に言い伝われています。

四柱推命では、月支元命を中心にしてその人それぞれの性格、仕事運、金銭運、恋愛や配偶者運を判断していきます。しかし、同じ運命星でも運命星のある場所によっては表す事柄が異なる事があります。

月支元命の運命星だけを見て判断するのではなく、年柱、月柱天干、月柱蔵干。時柱にどのような運命星があるかをチェックして、総合的に運命を判断するのが良いでしょう。

例えば、「年柱に〇〇星」から「時柱に〇〇星」と言う解説の項目があります。その時には、天干に現れる運命星を主体にして判断するようにしてください。蔵干の運命星とのかかわりをチェックするとより深い判断が可能になってきますのでオススメです。

「元命と月柱天干運命星との組み合わせによる暗示」という場合では、月柱天干の運命星と元命である月柱蔵干の運命星のかかわりによる意味から、それぞれの運勢を判断していきます。

また、十二運星、沖、刑、支合、空亡、その他の関係によっても吉凶の意味が強調されたりします。または、弱まってしまう事もあります。

恋愛や配偶者運の場合では、月支元命の運命星と日柱蔵干の運命星とのかかわりで配偶者との関係を判断しますが、沖や刑(特に沖)、支合も配偶者運を見る上で特に重要なポイントとなります。

たとえば、自分自身にとって良い配偶者との縁があったとしても、沖があると不安定な要素が強まってしまったりして、必ずしも夫婦仲が良いとは言えなくなってしまいます。いわゆる夫婦間での絆がもろくなってしまいます。

日柱と月柱が沖や刑(沖の方が強い暗示)であれば、夫婦の絆がもろく、何かの折には簡単に絆が切れてしまうことがあるので注意が必要です。日柱と月柱が支合であれば、夫婦の絆が強く結ばれていて仮に別れたいと思っていても、中々別れられないことがとても多くあります。また、年柱蔵干と日柱蔵干が同じ星(比和も含む)の場合は二度縁のおそれがあります。初婚の場合は、再婚者かあなたと同じように二度縁の命式を持つ人を選ぶと避けられるでしょう。

スポンサードサーチ

四柱推命の運命星の表一覧

運命星 意味 肉親関係 運命星の持つ特徴
比肩星 自立、競争 兄弟、友人 独立精神旺盛な頑固者タイプ
劫財星 破財 兄弟、義兄弟、友人 野望を秘めた政治家タイプ
食神星 食禄、長寿、遊び 女命は子供 温和で楽天的な道楽者タイプ
傷官星 反発、孤独、進取 女命は子供 繊細な心を持つ孤高の学者タイプ
偏財星 流通財、商才、奉任 父、男命は妻、愛人 商魂たくましい社交家タイプ
正財星 蓄財、実直、勤勉 男命は正妻 真面目で几帳面な蓄財家タイプ
偏官星 攻撃、闘争、迅速、妨害 男命は子供。女命は夫、愛人 攻撃的だが義侠心に富む親分タイプ
正官星 誠実、品行方正、発展 男命は子供。女命は正夫 清廉潔白で穏健な官吏タイプ
偏印星 自由、怠惰、副業、改革 養母、継母、母 型破りな才能を持つ芸術家タイプ
印綬星 才能、知恵、学問、名誉 実母 伝統を重視する古典的哲学者タイプ

四柱推命の運命星、中心星、宿命星について。

準備中

期間限定!無料プレゼント中です。


もっと運勢を良くする『占いで〇〇判断法』を手に入れて下さい。



『占いで〇〇判断法』
お名前  *
 (必須)
メールアドレス  *
 (必須)



関連記事

  1. 四柱推命それぞれ10種類の星の特徴。劫財星の特徴とは?
  2. 四柱推命それぞれ10種類の星の特徴。比肩星の特徴とは?
  3. 四柱推命それぞれ10種類の星の特徴。「偏財星」の性格、恋愛、相性…
  4. 四柱推命の基本原理とは?陰と陽について。また五行や相生・相剋につ…
  5. 四柱推命 当たる 相性 見方 生年月日 命式 正確 全てが分かる…
  6. 四柱推命それぞれ10種類の星の特徴。「傷官星」の性格、恋愛、相性…
  7. 四柱推命それぞれ10種類の星の特徴。食神星の特徴とは?

ピックアップ記事

PAGE TOP